春の豊英バス釣り。春爆を夢見て行ってきた。2年目の豊英の状況。

スポンサードリンク

豊英ダムに行ってきました。

昨年良い思いをした豊英ダム。

今年もフレッシュなバスが答えてくれるのか。

豊英の現状をシェアします。

2年目の豊英ダム

昨年度、レンタルボートのバス釣りが解禁された豊英ダム。

ルアー慣れしていない?フレッシュなバスが待っているということで、ワクワクしながら訪れた昨年。

昨年度は、期待通り、フレッシュな豊英バスが相手にしてくれました。

春爆や50upも経験して、個人的にはとても良い思い出のある豊英。

今年もそんな豊英ダムに、「春爆」を求め、行ってまいりました。

フィールド状況

ボートについて

解禁当初は2台しかなかった14ftボートが増え、9台に。

アルミボートも1艇導入されていました。

アルミボートには「取材艇」と書いてありましたが、先着で借りれるのか?

また、ボート屋のオヤジさん達も、バサーに慣れてきたのか、昨年度よりもやりとりがスムーズになっていたような気がします。

豊英フリーライダー問題

残念だけど、以前「タダ乗り」が問題になったようで、出船直前に料金を払ったか、再度確認をしました。とても残念なことです。

ルールやマナー以前の問題です…そんな問題があったにも関わらず、継続してバサーにフィールドを提供されているということを良く考えなくてはいけません。

ヘラ師との共存

ヘラ師との共存は、私が感じた面だけではありますが、うまくいっているような印象をうけました。

1日雨が降りしきっていたのでヘラ師の方は少ない日でしたが。

ヘラ師のスタート時刻が30分早いという豊英独特のルール。

ヘラ師の方々を尊重したルールです。ヘラ師の方がいらっしゃらない場合繰り上げになるそうです。きっちりルールを守って楽しんでいました。

豊英ダムのバス釣り文化が、2年目に入り、より成熟されたという印象です。

荷物運搬方法

豊英ダムの荷物運搬方法は、大型のゴンドラスタイルです。

ただしゴンドラからボートまで結構距離があるので、亀山の各ボート店よりも、運搬は大変です。

釣果

釣果はなんとか一本キーパーサイズを絞り出し、終了。

「春爆」とは程遠い釣果になってしまいました。

立ち回り

まずは上流A方面へ。

朝一なのでフィーディングバスを狙って、良スポットをテンポ良く流していきます。

しかし反応は得られず..

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です