フィッシングショー横浜2019 訪問レポート。シマノ編。

スポンサードリンク

フィッシングショー2019の訪問レポートです。

長くなりそうなので、まずはシマノ編です。

フィッシングショー2019

ツリラクさんと一緒に、フィッシングショー2019に行ってきました。

いろいろリールなど触ってきたので、所感をまとめておきます。

’19 SLX MGL

 

 

 

まずは注目株の、SLX MGL。これまでにないカジュアルテイストなデザインが目を引きます。

32㎜径スプール、70サイズというバーサタイルなサイズ感もGOOD.

カシータスMGLとの棲み分けが難しそうな感じもしますが、アルミ製のHAGANEボディを搭載し、剛性感ではSLX…的な感じになるのかな。

(カシータスは樹脂ボディですよね)

’19 スコーピオン MGL

 

 

 

お次はスコーピオン MGL。シマノのHPで見るよりも、深い感じの赤でカッコイイです。ちゃんと「スコーピオンレッド」でしたのでその点はご心配要りません。

スマホの機種や、モニタごとにかなり違って見える不思議なカラーです。

メカブレーキのとこにサソリのエンブレムが入っており、往年のスコーピオンファンにはたまらない仕上がりかと思います。

ちょっと大きい150番のスプールサイズがネックですが。

 

’19 アンタレス MGL

 

 

 

’19 アンタレス MGLです。かなりコンパクトな印象。サイズ感はメタ二ウムMGLや、バンタムMGLなんかと同等の感じで使えると思います。

触っただけじゃ何も分からない..と思ってたんですが、その精緻感が伝わってくるような感じがしました。

’19 カルカッタコンクエストDC

 

 

 

カルカッタコンクエストDCです。

シンプルな仕上がりですね。でも、ひしひしと伝わる高級感があります。カッコ良いなあ。

巻き物最強リールといったところでしょうか。ただしお値段もかなりお高いですが..

’19ヴァンキッシュ

 

 

 

 

’19ヴァンキッシュです。めちゃくちゃ軽いのひとこと。

ただ、デザインは無難路線のやや地味系な感じ。

ハンドルの付いていないほうのボディカバーをカーボン化してさらなる軽量化を実現しているという事なんですが、グレーの塗装の感じがやや高級感に欠けるような印象も受けました。

なんなら’16ヴァンキッシュの方が見た目的には好みかも。(完全に個人の主観です。ただ、見慣れてくるとこっちがカッコよく見えてくるヤツかもしれません。16ユーザーの単なる嫉妬心ですw)

とはいえ、ボディ形状からして、ヴァンキッシュ専用の形状になってるし、かなり超進化したモデルなのは間違いありません。

軽量ルアーを扱うなら最強のリールに仕上がっていそうです。

スコーピオン(ロッド)

 

 

 

 

 

スコーピオンのロッドシリーズです。

青いワールドシャウラの設計思想を受け継いでいるモデルで、中古で高値取引されている青シャウラの存在を脅かす存在、というジムの説明が印象的な一本です。

青いシャウラほぼそのままで、この値段は超お得という事らしいです。

5ピース、かなり興味があります。車載用に一本欲しいですねえ。

バンタムルアー

 

去年も展示してあったビッグベイト、BTスラプター。(去年は名前がまだありませんでした)

これマジでめちゃくちゃカッコイイと思います。

かなり開発期間が長い感じですが、それだけ熟成してリリースされてくるという事でしょう!2019年3月発売予定だそうで、もう少しの辛抱です。

 

 

マクベスのフラットサイド版もイイ感じ。

まとめ

以上、2019フィッシングショー訪問レポートシマノ編でした。

2019年も注目度の非常に高いネタを連発するシマノ。アンタレスブースの人だかりが、ハンパないのが印象的でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です