晩秋の三島湖バス釣り。ディープなの、シャローなの。

スポンサードリンク

2度めの三島湖バス釣りチャレンジに行ってきました。

この初冬の時期に悩むのが、シャローマンをやり通すべきなのか、ディープに手を出すのか。

悩めるディープorシャローの分水嶺を考えます。

 

三島湖

 

晩秋の三島湖バス釣りです。

 

12ft2台、3名で出船です。

ともゑボートさん

 

ともゑボートさんから出船しました。

 

ボートは、一般的な12ftのヤマハ製。

カケヅカデザインワークス ボートラダー TYPE PRO

カケヅカデザインワークス ボートラダー TYPE PRO

ラダーは木材を挟んで装着。

 

荷物運搬は、手押し車で運搬。

 

リフトで昇降するスタイル。

 

おみやげに今日生まれたという、新鮮なたまごを頂きました。

コンディション

 

2日前に降った雨の影響か、本湖周辺は全体的に濁りが入った水質。

先週訪れた際は14度台だった水温も、ワンド内は12度台、本湖の温かい場所でも13度台。

季節進行は着々と進んでおります。

釣果

3人で7本の水揚げ。

シャローで5本、ディープで2本でした。

立ち回り

 

開始3分で、友人Aにドライブビーバーのテキサスにドン!

いきなりの良型で、幸先の良すぎるスタート。

ドライブビーバーで3連チャン

 

その後はドライブビーバー劇場。シャローカバーで3連チャン。

共通して、ボトム付近で喰ってきたとの事。

 

するりとカバーに入っていくシンプルさや、「バサロアクション」の秀逸さ。

良く動く腕なので、モロいかも?と思っていましたが、ちゃんと千切れない強度もあります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です