三島湖バス釣り。梅雨の晴れ間にスタッガーワイドツインテールテキサスで40UPほか。

スポンサードリンク

三島湖に行ってきました。

スタッガーワイドツインテールテキサス3.5gでキロアップ。

その他表層系、ストレートワームで船中5本でした。

梅雨時期の三島湖 6月26日 バス釣り

 

久しぶりの三島湖です。いつもの石井釣り船店さんから出船しました。

コンディション

天 気:はれ
水 位:2.9m減水
気 温:28℃
水 温:20℃(表層は25℃)
水 色:澄み

(石井ボートさんより)

梅雨の晴れ間の一日。三島湖バスの状況やいかに。

桟橋横の沈船でキロアップ!

出船前、店主の石井さんが、「桟橋周辺でデカいの釣れてますよ。」とアドバイスしてくださいました。

 

いつもはゾンビバスをサイトで釣るため、速攻上流を目指しています。

でも、意外と居ない上流バスに翻弄されるのがオチ。

 

そこで、桟橋周辺からやってみる事に。

写真はぜんぜん関係ない沈船wイメージ。

 

桟橋すぐ隣の沈船に、スタッガーワイドツインテール4インチ イタスギルカラーの3.5gテキサスをフリーフォール。

なんとなく3投ぐらいすると、ラインが横に走りました。

 

いきなりのキロクラス登場に、同船した友人とテンション上がりまくり。

石井さんありがとうございました(*’▽’)

上流サイト

 
 

翻弄されるのは分かっていても、上流サイトもやりたい。しかし時間帯が悪く、あまりバス居らず。

いつものマックスセント D-worm5.5インチでキーパー太郎GET。

友人のフリックシェイクJHWにも

上流で友人のフリックシェイクJHWにもキマシタ。

やっぱり、同船釣行で「二人とも釣れる」ってのはめっちゃ大事ですよね~。シミジミ。

別の筋

 
 

別の筋にもサイトするべく上がります。

お昼過ぎで、テンション低いバスが多いため、究極の喰わせ、ガルプ アースワームを投入。

子バス1、クオリティギルもGET。マジで躊躇なく喰いますw

草の生えてるエリアで野良ネズミ

 

本湖に点在するシャローで野良ネズミフィッシュ。

減水時に生えた草が冠水し、バスが隠れています。

 

このパターンは春の釣行時にも助けられたな~。

高確率で魚をストックしており、どうにもデコりそうなときおススメ。ただ、サイズは望めない感じ。

 

バイトはたくさんありましたがすっぽ抜け多数でワンフィッシュ。

早合わせしちゃうとだめ、しっかりと喰ってから合わせたほうが良さげ。

他のパターンは不発。

 

その他、インレットに虫をぶち込んだり、カバー打ち、岩盤I字引きなど、実績のあるメソッドをいくつか試すも不発。

ハイシーズンなのに、これといったパターンは見つかりませんでした。下手くそすぎる(^^;

 

硬いのもいろいろ試したのですが、反応ナシ…

まとめ

 

物撮りも捗ったし、いい一日でした。三島湖最高かよ。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です