三島湖バス釣り。より良くなっていく三島湖。

スポンサードリンク

GWに訪れた三島湖レポート後編です。

久しぶりに良型にも出会えた三島湖でした。

 

石井ボートさん

 

本日も石井ボートさんにお世話になりました。

いつ導入なのか失念してしまいましたが、14ftのボートも導入予定だそうです♪

※追記

14ft(スナガ)2艘は6月20日頃、くわえて免許不要艇(サウザー)2艘が7月下旬だそうです。

自作ハイデッキ+椅子も装備されるとの事でした(*^^*)

ランデブー

 

本日は、レンタルボート2台で楽しいランデブー♪

5月の三島湖…レンタルボート2台で出船…最高かよ!

2人で行くと、情報交換によってより濃厚にフィールド情報を得ることが出来て有利です(‘ω’)

 

釣果

私は40UP2本、レギュラーサイズ多数でした。

友人も良型+レギュラーサイズ複数本と、釣果に恵まれた1日。

私にとって年に数回あるかないかの、「良い日」でしたw

立ち回り

 

まずは朝イチ、チャター等の巻き物で表層をサーチ。

しかし意外と生命感が無く、思うように反応が得られません。

沈船バス


 

表層でめぼしい反応が得られないまま、島周りをじっくり攻めてみます。

すると、イイ感じの沈船ハケーンww

 

ブルフラット3.8インチのテキサスリグをちょっと沈めてみます。

(バレットシンカーは軽めの3.5g。美しいスパイラルフォールが出ますので、ブルフラットのシンカーはやっぱり軽めですな。)

 

3投目ぐらいに、スーッとラインが横に走り、上がってきたのはナイスコンディションの沈船バス君。

久しぶりの良型に興奮♪

 

6~7mぐらいの適度な水深があり、水通しも良かったです。そしてやっぱりバスは「硬いモノが好き」

(小並感溢れる考察)

豊英筋

 

前回本湖方面を中心に攻めたので、今回は豊英筋の方に上がってみる事にしました。

 

フルーツ村を過ぎて、最上流までGO!

エレキはペットボトルメソッドでアゲアゲ。

しかし、最上流にエデンは無く…

 

島周りで盲目バス

 

戻った島周りで、再度良型?をGET。

しかし、長さはあるものの、スーパーガリクソンなゾンビバス、さらに両目とも光を失っておられる(+_+)

いろいろと自重し、かわいそうなんで計測もせず。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です