秋の亀山ダムバス釣り。濁り=強いルアーの失敗談。

スポンサードリンク

台風通過後の秋の亀山ダムへバス釣りに行ってきました。

強い濁りの残る水質を、強めのルアーで攻略というセオリーは嘘だった?

「濁りのサイト」をシェアします。

野村ボート

野村ボートさんから出船です。

ヘラ釣りの方々の大会が行われており、バサー&ヘラ師で大賑わいの野村ボートでした。

強い濁り

先週、先々週と2発の台風が通過した関東エリア。

濁りが取り切れず、カフェオレ水質のアタックとなりました。

水温は朝イチ15度、日中は17度ぐらい。

天候は晴れ。いざ出陣!

14ft&12ft体制

大人3人、14ft&12ft2台体制でのアタック。

私は14ftのバックシートに乗船いたしました。

いつもの車一台の過積載&節約スタイルです。

釣果

デコりました。乙。

12ftの友人は桃源郷を発見し、3本ほどGETしたようです。

本湖へGO!

まずは本湖方面へ。

濁りが続き、良い水質のエリアを発見できず。

濁り攻略

濁りパねえ。ってことで強いカラー、シルエット、波動で気づかせる!

って短絡的思考で釣りを展開。(`・ω・´)シャキーン

ブルフラットをいつも投げてる3.8インチから4.8インチにしてみたり、濁りに強いと言われる「青」系を中心になげてみたり。

しかし面白いぐらい無。

濁り=強いルアー?

濁りが入ったときは、気づかせるために強いルアー!

セオリー的には間違っていないはずなんですが…

どうにも反応を得る事が出来ず。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です