秋の牛久沼でコテンパン。晴天ベタなぎのクランキング考察。

スポンサードリンク

秋の牛久沼アタック!予想通りコテンパンにやられました。

晴天ベタなぎ時のクランクベイトのチョイスは「ブリーム系」が最高?

秋の牛久沼でのクランクベイトチョイスを考察します。

たまやボート

 

本日は沼人です。ツレナイ… #牛久沼 #バス釣り #バスフィッシング

ikahimeさん(@ikahimenet)がシェアした投稿 –

 

たまやボートさんから出船です。

14ft2人乗り。

たまやボートの14ftはなんだか長く感じます。気のせいかな?

巻きなのか、打ちなのか

ピーカンべた凪のコンディション。

たまやオヤジ(タマオヤ)によると、ここのところ巻きが好調との事。

しかし巻き倒すには勇気のいる天候です。

たまや前

まずはタマヤボート前の枯れガマを巻物で流していきます。

クランクベイトだとがっつり枯れガマが引っかかるので、スピナーベイトで。

晴れてるのでアピール弱めのコンパクトシルエット、nories クリスタルS ウィンドレンジ 1/2ozで流します。

 

ガマを揺らしたらダメ説とか、諸説あるのでガマを揺らしてみたり、揺らさなかったり。

しかし無。

「ツカモトの柵」

 

 

続いてはタマオヤオススメの「ツカサク」こと「ツカモトの柵」を打つため、東谷田川を上がります。

ハス畑の柵跡、鉄のクイが延々と続く好ポイントです。寒い時期の定番スポットとの事。

「ツカサク」の写真は撮り忘れたので、牛久沼といえば!の、ナマロー先生のブログからお借りしました。

ネコ、スモラバ、スピナベ、スイムジグ、テキサス…

あらゆるメソッドを試しますが無。

午後は西谷田川へ

午後は西谷田川へ。

基本的には延々と続くアシで構成される牛久の岸際ですが、西谷田川にはちょっとだけウッドカバーが存在します。

貴重なウッドカバーを打っていきます。

しかし無。

ブレイク&隠れクイ

西谷田川には、上流向かって左側にブレイク&隠れクイが延々と続く好ポイントもあります。

(写真は上流側から下流側を眺めてるので、右側です)

 

岸際ベタベタは1mぐらいで、沖に向かっていくと2m弱ぐらいの水深になっています。

スーパーシャローレイクである牛久沼、2mもあればそこはディープ、と呼べるポイントになります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です