牛久沼+たまやボート+クリS=ブタバス の方程式をざっくり解説。

スポンサードリンク

ちょっとニッチ?なフィールド、牛久沼。

リザーバーとは一味違う魅力を持った、関東を代表する平地の沼です。

そんな牛久沼の魅力と、攻略法をシェアします。

基本スペック

所在地は茨城県龍ケ崎市。

お隣牛久市との市境に位置し、「牛久沼」なのに全域が龍ヶ崎市という不思議なロケーション。

水深は全域に渡って2m未満と浅く、シャローレイク。

基本的にはシャローですが、所々に浚渫(しゅんせつ)らしきディープエリアも点在。

じっくりと魚探掛けをしていると、自分だけの思わぬ高低差を発見できたりします。

 

底質はメインチャネルに一部ハードボトムが有るものの、ほとんどがドロで、水質はマッディウォーター。

アシやガマ、ハスなどが生えた岸際が延々と続きます。

クイやオダなどのマンメイドストラクチャーもアリ。

そして稲荷川、東谷田川、西谷田川、と流入河川が3本。

さらにそれらよりも小さな流入河川などもあります。

 

リザーバーや山上湖とは一味違う、平地の沼フィールドです。

人口島あり

人口島があります。

この島を、ロコアングラーの方々はなんと呼んでいるんでしょう。

1970年代前半頃に観光施設の一部として造成され、当時は船で渡れたそうですが、現在では使用されていません。

島の周りには、乱杭やコンクリート護岸、数少ないレイダウンなどが有り、一級スポットになっています。

 

…このように、一見するとただ広いだけのように思える沼ですが、様々な要素が点在しています。

釣れても釣れなくても楽しい、変化に富んだ沼、それが牛久沼です。

エレキレイク

レンタルボートを借りてバスフィッシングをする場合、エレキでの移動となります。

ポイント移動時はかなり長距離移動になるため、エレキは24Vのモデルじゃないとキツイです。

魚影は薄い

 

正直、難しいです、牛久沼。

バスの個体数は、かなり少ない、と言われています。

 

私が訪れた事のある関東フィールドの中で、随一の難しさ。

私が良く訪れる関東圏のフィールド、霞ヶ浦、亀山ダム、片倉ダム、相模湖、津久井湖などと比べて、最も難しいのが、牛久沼。

要するに、釣れない難しいですw

 

ハイシーズンでも、私レベルの素人アングラーはゼロワンゲームが基本。

手練れのスーパーロコアングラーがボコボコ釣っていますが、彼らは本当に凄い。異次元です。

良アクセス

霞ヶ浦なんかと比べると、南関東からのアクセスが良好です。

神奈川、東京、埼玉あたりから訪れるのに丁度良い距離。

近くの国道6号には、

キャスティング南柏店(超大型店舗のキャスティング)

ミシマ(バス専門釣具店。エレキやジョンボートの在庫なども有り、楽しめる)

一竿堂【いっかんどう】(知る人ぞ知る、取手のルアーショップ。量販店とは一味違う在庫が魅力)

などの、釣具店にも寄って帰れます。

人が少ない

さすが不人気?フィールドだけあって、人は基本少ないです。

さらにかなり広大なフィールドなので、まずポイントがバッティングするということがありません。

たまやボート

 

ボート屋は、たまやボートさん。

12ft、14ft、免許不要艇と各種ボートが揃っています。

たまやボート主催の、’たまやオープントーナメント’が開催されており、S級難度の牛久沼でスーパーロコ達がしのぎを削っています。

ナマローブログさん

そんな’たまやオープントーナメント’の様子は、‘ナマローブログ’さんが詳しく、楽しくまとめてくださっています。

 

H-1GPXや、たまやオープントーナメントに参戦中の、ナマローさん。

正直、ナマローさんのブログを読むと、牛久沼に関して、もう自分のブログでは書くことが無いですw

牛久沼に関する情報を超濃密に書いていらっしゃいます。

 

牛久沼スーパーロコ達のローカルベイトや牛久沼での釣り方は必見です!

 

ちなみにナマローブログさんは、つい先日、ドメイン移行のお引越し作業を行われ、新たに「ナマローブログNEO」としてSTARTされました。

今後の展開が超楽しみな「ナマローブログNEO」、要チェックです。

 

H-1gpx開催地

 

ハードベイトオンリーで各地をトレールする大会、H-1グランプリ。

そんなH-1グランプリの会場となっている牛久沼。

JB-TOP50である北大祐選手や、各フィールドのスーパーロコ達、また、気鋭の若手メディアアングラーなどバラエティに富んだ最強選手が出場し、大会の知名度や人気も飛躍的に高まった昨年度。

しかも、一般アングラーも気軽に参加出来るとあって、超人気な催しモノとなっております。

そんなH-1グランプリ、今年も4月23日(日)に新利根川で開幕戦が行われます。

 

私も参加したかったのですが、一般アングラーの予約は、電話予約。

「ちけっとぴあ」でポールマッカートニーのライブチケットを取るかのごとく、ボート屋に鬼電話するという、極めてオールドスクールな方式。

結局ツキの無い私は、いつものように電話バトルに敗れ、参加出来ず…

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー