幻の大型淡水魚。 利根川水系のはぐれメタル アオウオについて調べてみた

スポンサードリンク

Twitterで面白いニュースが流れてきました。
JB TOP50霞ヶ浦戦のプリプラクティスで、
青木大介氏が’アオウオ’を釣ったとのこと。
アオウオ。そのはぐれメタル並みのレア度と、
神秘性を持ったアオウオについて調べてみました。

青木大介氏のTwitterにて

 


青木大介氏のツイッターで、霞ヶ浦において’アオウオ’が釣れたという非常に面白い投稿がありました。

霞ヶ浦で、バスフィッシングで釣れる外道としてはブルーギル、アメリカンキャットフィッシュ、コイ、レンギョ、ボラなどが代表的な外道ですが、「アオウオ」は初耳です。

どんな魚なのでしょう。気になったので調べてみました。

アオウオとは

アオウオ

アオウオ

出典:埼玉水族館 

ふるさとは中国。ソウギョ、ハクレン、コクレンと共に、中国ではかなりメジャーな存在で、「四大家魚」と呼ばれています。

中国の内陸部の貴重な蛋白源として、太古の昔から愛されてきた魚です。

いずれも成長が早く3~5年で1メートル程度に達します。中でもアオウオが最大で、最大で2メートル以上!に達するそうな。

日本国内ではレアな存在

アオウオ

アオウオ

 出典:水産庁


 
 

第二次世界大戦中に、食糧難対策として、ハクレンとソウギョの稚魚350万匹が中国大陸から運ばれ、国内二十数府県に放流されました。

このときのメインはハクレンで、90%、それにソウギョが10%。
その際にごく少数(1%以下)のアオウオ、コクレンが意図せず混じっていたそう。

その後、唯一利根川水系だけでアオウオの天然繁殖が確認されました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です