6月の霞ヶ浦おかっぱり。テナガエビパターン検証。

スポンサードリンク

茨城に所用があったため、久しぶりに霞ヶ浦おかっぱりに行ってきました。

土曜日、日曜日とAMだけやりましたが撃沈。

なぜダメだったのか考察します。

テナガエビパターン

 

梅雨時期の霞ヶ浦は、テナガエビが産卵の為にシャローに上がってきて、それを捕食するバスを狙う「テナガエビパターン」の最盛期!

ゴロタ石やテトラ帯、水門やドッグといったテナガエビが付いていそうなポイントを執念深く探る…らしいですw

(まだ再現したことがないという…)

6月らしくトップでも釣りたい

 

テナガ!テナガ!な6月の霞ヶ浦ですが…

とりあえず6月という事で、朝イチトップを投げてみますが無!

O.S.Pのラウダー70です。

テナガエビパターン用ルアー

 

テナガエビっぽいルアーも投入!まずはスモラバ!(エグジグ+ディトレーター)

 

そしてドライブスティックFATのバックスライド。

 

Megabass TKツイスター!

 

圧 倒 的 テ ナ ガ 感。自分が持っているテナガエビスキルを全て出し切ります。

しかし無。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です