ニシネルアーワークス チッパワRB。フラットサイド的効能と扱いやすさが同居。

スポンサードリンク

ニシネルアーワークスのチッパワRB。

一見難しそうな、ファットフラットサイド+ラウンドビルは優しいクランクでした。

ニシネルアーワークス チッパワRB

 

SPEC

Length 62㎜
Weight 15g
Deps 1.5-1.6m

ハンドメイドルアーの巨匠である、西根博司さんの手掛けるニシネルアーワークス。

もはや説明不要ですが…実釣性能、ディティールに長けた素敵すぎるハンドメイドルアーを数多くリリースされております。

(個人的には、デカビーツァ、デンプシーテール85S、ビーツァM7などを入手し、楽しんでいます。)

今回は、そんなニシネルアーワークス待望のインジェクションモデル、チッパワ RBのインプレです。

我が家にやってきたチッパワさんはレッドクローフィッシュとBPBシャッド

カラーは悩みに悩んでレッドクローフィッシュとBPBシャッド。

 

レッドクローフィッシュは間違いないヤツ♪

 

ベリー部の鮮やかなが特徴的ですね。

個人的に青いルアーというのはなかなか難易度が高く感じているのですが、このベリー部の青がそれを和らげてくれるハズ!

 

そしてBPBシャッド。

すごく深い味わいカラーリングで、角度や天候によってかなり雰囲気が変わるのです。

なんとも言えないイイ塩梅です。

パッケージにルアー愛

 

まずチッパワが着弾して驚いた点!パッケージが非常に凝っております。

プラスチックが’チッパワ型’に成形され、そこにすっぽり鎮座。

取り出してからも、チッパワ君がそこに居た形跡が(‘ω’)

フックやボディの干渉を防ぐ、という事だと思いますが、並々ならぬ情熱を感じます。

ラウンドビルのファットフラットサイド

 

初めてチッパワRBの仕様を聞いたとき、ちょっと珍しい構成ではないか?と思いました。

 

ファットフラットサイドのクランクベイト自体、市場にあまり数は多くないですよね。

さらにラウンドビルとなると、とても稀な存在ではないでしょうか!?

 

一体どんな場面で使うべきなのか…?とても私のスキルでは、いわゆる「出しどころ」が思い浮かびません…

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です