もっと奥へ!カバーの最奥へ アプローチしやすい バックスライド系ワーム5選。

スポンサードリンク

ここ近年でバスフィッシングのスタイルもどんどん進化し、新しい有用なリグが生み出されてきました。

中でも非常に実釣性能の高いリグが、バックスライドリグです。

バックスライド用のおすすめワームをまとめましたのでご紹介します。

バックスライドとは

バックスライドセッティング

 

 

出典:O.S.Pnet 

ファットイカ バックスライドセッティング

 

高比重ワームにフックを逆付けし、重心バランスをリグの後方、つまりアングラーから離れた位置に持たせたリグの総称です。

重心が後方にあるので、キャスト後にフォールする際、アングラーから離れていく方向に泳いでいきます。

これにより、カバー際などにキャストした際に、カバーの奥へ奥へとオートマティックにリグが進んでいきます。

つまりこれまでのリグで取りきれなかった、カバーの最奥のバスへのアプローチが、リグの力によってより容易になるのです。

アメリカでは、このバックスライドの泳ぎを、“swim away from me on the fall”と呼ぶそうな。

”フォール中に私から離れる方向へ泳ぐ。”つまりそういうことです。

ここではおすすめのバックスライド向け高比重ワームをご紹介いたします。

ゲーリーヤマモト ファットイカ

ゲーリーヤマモト ファットイカ バックスライドセッティング

ゲーリーヤマモト ファットイカ バックスライドセッティング

 

 

Length 100mm
自重 約12g
入数 10
価格 1700円(税抜)

まずは元祖バックスライドともいえる、ゲーリーヤマモト、ファットイカ。

高比重ゲーリーマテリアルにより、単体重量が約11gあります。

そして全く無駄のないシンプルなフォルムで、空気抵抗も極めて少なく、M~MHのベイトタックルで面白いようにカッ飛んでいきます

良く沈み、良く飛び、良く釣れる三拍子揃った最強のバックスライドワームです。

また、手作りで付けられているというスカートは、フォール中にふわふわと揺れて、生命感溢れるアクションを生み出します。

フックは、ガマカツの「ワーム316」の#4か#5を使用。

エクストラ・ワイド・ゲイプ仕様ですので、ファットイカのぶっといボディでもしっかりワームがずれてフッキングがキマリます。

これを、スカートが付いているほうから刺してセッティングします。

O.S.P ドライブスティック 4.5in

ドライブスティック4.5in

ドライブスティック4.5in

 
Length 4.5in
自重 約8.5g
入数 7(4.5in)
価格 770円(税抜)

 
O.S.Pのドライブスティック 4.5inのバックスライドセッティングも非常にオススメ。

繊細なテール部分と、ボディ全体がクネクネと艶かしくフォールしていきます。

アングラーはバスが居そうなところに、このバックスライドセッティングでリグったドライブスティックをキャストするだけで、あとは勝手に釣れる’自発的ライブリーアクション’を生み出してくれます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です