フィックスアルアー[Fix-A-Lure]でワーム長持ち。これ秀逸だわ。

スポンサードリンク

海の向こうからやってきた怪しげな液体、Fix-A-Lure(フィックスアルアー)。

ボロボロになったワームに使ってみたら、驚くほどの復元能力でした。

修復のサンプルをご紹介し、その実力をシェアします。

リーマンバサーにとって、可能な限り抑えたい消耗品費。ボロッボロになったワームを、フックを刺す向きを変えたりして、しつこく使い込んでいます。

そんな節約志向のバサーの救世主、ワーム修復剤。評判のいいFix-a-lure(フィックスアルアー)を購入し、試してみました。

その実力やいかに。

SPIKE-IT Fix-A-Lure(フィックスアルアー)

アメリカ生まれの怪しいリキッド、Fix-A-Lure(フィックス・ア・ルアー)。バスフィッシングの本場アメリカで考案されたヤツ。

原理的にはワームを溶解して接続させるということで良さそうです。

謎の付属品付き

目?に使うシールみたいのが付属で付いてきました。何に使うのでしょうか。

修理したワームに貼れ、という事か!?

 

OSP ドライブクロー

 

ホント良く釣れるOSPのドライブクローですが、裂けやすいのが最大のデメリット。

しかし安く無いので出来れば直して何度も使いたいですよね。

ご覧のように完全に裂けた部分にたっぷりフィックスアルアーを塗り込んで放置してみました。

ヌリヌリ。

15分経過後、確認してみると、見事に修復。正直、かなりガッツリ裂けていたのでダメかな〜って思ってましたがちゃんとくっついてる。

試しに意地悪でわざと傷口を開くような力を加えてみましたが、問題なし。

すごいのは、傷口の修復箇所が、ちゃんと周りの強度と同等の強さ、柔らかさになっているところ。

試しにオフセットフックを刺してみました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • ikahimeさん初めまして。
    自分も愛用しております!!1400円しますがワームが復活するのですぐに元が取れちゃいますよね。
    ただ難点がありまして、開封してから数回使うと、、、
    中身が固まりはじめます。コレどうにかならないかなーと思っている次第です。
    ブログ、これからも楽しみにしています!

    • コメントありがとうございます★めちゃ励みになります。

      怪しげな見た目とは裏腹に性能が高く、まじで復活具合にビビりました、余裕で元とれますよね(^^)

      固まり対策としてフタをガッツリ閉めるとか、冷蔵保存とか、ワームの成分を入らないようにするとか諸説あるようですね、私も注意してみます。
      また他の修復材など使ってみてインプレなど頑張りますね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です