リンタロウ&クマタロウ。バス喰いジイさんに教わった最強のワームはコレ。

スポンサードリンク

バス釣りにおいて、禁断の遊びである、ムーチング(エサ釣り)。

ルアーマンとして失格?いやいや、楽しめれば良いじゃないって事で、私はたまにチャレンジしてみます。

(餌だからといって簡単に釣れるわけではないw)

そんなムーチングに手を出す前に。

ムーチングに極めて近い!?ワームをご紹介します。

津久井湖でのバス喰いジイさんとの思い出

津久井湖

津久井湖

神奈川を代表するメジャーリザーバーである津久井湖。

私のホームフィールドで、自宅から至近ということもあり、ちょろっと陸っぱりに良く出かけてます。

そこにエサ釣りでバスを釣ってるジイさんが居るんですよ。

エサはその辺の土を掘り返してゲットしたミミズ。

ホントボッコボコに釣るんです、そのジイさんが。しかも良型ばかり。

バスが居るのにルアーで釣れないという事実を教えてくれた、ジイさん。

要するに自分のルアーは見切られているということ。

自分のルアーマンとしての不甲斐なさを痛感すると共に、ムーチングの威力を思い知った夏の思い出ですw

ちなみにそのジイさんは、バスをその場でシメてお持ち帰り。

聞いてみると、なんと喰うためにバスを釣ってるとのこと。

今年も会えるかな、バス喰いジイさん。

バス美味いのかな…?

リンタロウ&クマタロウ

さて、長い前置きでしたがw

そんな爆釣なミミズをスーパーリアルに再現したワームをご紹介します。

釣り具のキャスティング別注カラーのリンタロウ&クマタロウです。

リンタロウ、クマタロウっていうネーミングは、エサ釣り用として販売されているホンモノのミミズの商品名。

エサ釣りを嗜む方にとっては馴染みの深い存在ではないでしょうか。

※ちなみに余談ですが、バス釣りでムーチングする場合は、リンタロウ、クマタロウではなく、「大関」っていう4インチワームぐらいのデカイミミズが売っているので、そちらがオススメです。「大関」ヤバいっすよw

…ハナシがそれましたが、とりあえず「リンタロウ」「クマタロウ」を写真でご紹介しますね★

ちなみに本物のミミズちゃんの写真は無いのでご安心くださいねw

キャスティング別注カラー

リンタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー リンタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー リンタロウ

こちらがリンタロウ。

リンタロウは、若くてフレッシュな?ミミズを表現したピンクに近いブルーパールのワントーンカラー。

ちなみに本物のリンタロウは、「アカミミズ」という種類だそうで、その「アカミミズ」を忠実に再現するとこうなるようですw

20本入り。

クマタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー クマタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー クマタロウ

そしてこちらが「クマタロウ」。

「クマタロウ」は紫っぽい色と、薄いピンクにラメの入った色のツートーンカラー。

こちらはツートーンカラーで少しコストがかかっているのか、同じ価格で入り数が若干少なく、16本入り。

「クマタロウ」は「タネミミズ」という種類だそうで、それを忠実に再現するとこうなる模様w

これ、反則でしょww

とにかくこのカラーを見てください。

これは…まんまミミズw

かなりの人気カラーだとか。バスより人間がバイトしてしまう系のルアーですねw

どちらも単純なピンクではなく、ミミズ特有の色の出方を忠実に再現しています…

まあ、リアルだからといって釣れる訳ではないので、使っている人間のテンションを上げることが主目的でしょうかw

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です