HIDE UP cblm入手。 ルアーのカムバック率は? ネジ径4分に注意。

スポンサードリンク

belmont製のルアーリトリーバーのヘッド部分を、車のドアにはさんで壊してしまいました。
そこで代わりのヘッドとしてHIDE UP cblmを購入してみました。
ネジ径の注意点や、HIDE UP cblmの使い心地などをシェアします。

HIDE UP cblm入手。 ネジ径4分に注意。

左 純正 右 HIDEUP cblm

左 純正 右 HIDEUP cblm

 

ヘッドを折ってしまったルアーリトリーバーを復活させるべく、代わりのヘッドを購入することに。
純正のらせん状のヘッドをまた購入してもつまらないので、HIDE UPさんからリリースされている、cblmを購入することにしました。

HIDE UP cblm

HIDEUP cblm

HIDEUP cblm

 

スタッガーワイドで有名な、吉田秀雄氏主宰のHIDEUPから、ルアーリトリーバー用ヘッドがリリースされているのです。
その名も「comeback lure machine」、略してcblm。
なんだか頼もしいネーミングです。

純正のらせん形状のヘッドよりも優れているのでしょうか。
こいつを壊れたルアーリトリーバーに付けてその実力を検証してみたいと思います

ベルモント(Belmont) ルアーリトリーバーSP MR127 

私の使用しているルアーリトリーバーは、ベルモント(Belmont) ルアーリトリーバーSP MR127 というヤツです。

ベルモント(Belmont) ルアーリトリーバーSP MR127

ベルモント(Belmont) ルアーリトリーバーSP MR127

 

こいつに早速購入した、cblmを取り付けようとしたところ、なんとネジ径が合わないではないですか。
たいがいの製品は共通と思いきや、手持ちのルアーリトリーバー(MR127)に関しては付かないみたいです…
 
cblmにはネジ径が4分と書いてあったのですが、手持ちのルアーリトリーバー(MR127)のネジ径を確認せずに購入してしまいました。というかMR127のネジ径はググっても情報が出てこない…

壊れたルアーリトリーバーMR127と、宙に浮いたcblm…
どうするコレ。

ベルモント ルアー リトリーバー JP 4750 MR-134

ベルモント ルアー リトリーバー JP 4750 MR-134

ベルモント ルアー リトリーバー JP 4750 MR-134

 

  
仕方なくcblmを装着可能なネジ径4分の、ベルモント ルアー リトリーバー JP 4750 MR-134 ルアーリトリーバーを購入することにしました。
こちらはcblmを問題なく装着。

結局ルアーリトリーバーに無駄にたくさん費用を投じる羽目に。
たくさん活躍して回収してもらわないと…

ねじ径4分の商品は多い

左 MR127 右MR134 ネジ径が違う

左 MR127 右MR134 ネジ径が違う

 

ルアーリトリーバー(MR-134)以外にも、 JACKSONのトリックスターネットなども4分のねじ径なので、cblmを取り付けられます。
 
といった具合に結構ネジ径は4分に統一されているのに、何故か私のルアーリトリーバー(MR127)のみ、ネジ径が4分ではないのです。

ルアーリトリーバー(MR127)をご使用の方は要注意です。

HIDE UP cblmレビュー

 先日の釣行で、cblmを実戦投入してみましたが、とても秀逸なルアーリトリーバーヘッドとなっています。
ただ引っ掛けられる形状をしているだけですが、純正のらせん状のぐるぐるタイプよりトルクフルな仕上がりで、ぐいぐい引っ張って外すことが出来ました。

しかし、らせん状タイプのようにラインに絡ませて、ルアーに到達させることが難しいので、根掛かりしたルアーが目視できない場合には純正のらせん状タイプに分があるのではないでしょうか。

まとめ

ここで紹介した棒タイプのルアーリトリーバーと、タコ糸タイプのルアーリトリーバー(レスキューテポドンがオススメ)を併用することで、ルアー回収率はグッと高まると思います。

やや高価ではありますが、ルアーリトリーバーは2,3個ルアーを回収すれば元が取れるので、購入しておいて損はないアイテムです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー