ジーニアスプロジェクト フックキーパー BHK。ベイト用試した。これはスマート。

スポンサードリンク

これイイ。

装着の向きとか、位置とかは再考の余地があるかもですが。

 


→青木氏の動画を拝見したところ、外向きに装着するのが正しいようです。

私のは内向きに付いてます。

ちゃんとホールド。

 

とりあえずネコリグ付けてみたw

シッカリとホールドしてくれます。

ただ、肝心なところなんですがダウンショットシンカーのホールド力を確認し損ねました…

これは今日帰ったら追記します。

デメリット

 

リールによって、付けれる付けれないがあります。

メインギアの裏側にネジが無いリールだと、取り付けられない。

私の主力リール、メタマグさんは付けれませんでした…

 

懸念事項

ここからは懸念事項。

まだ使い込んでないので、じっくり検証してみたいと思います。

共締めだけど、リールに傷つかない?

リールのネジに共締めするのですが、リールの塗装に影響がないかちょっと心配です。

緩まない?

ネジが緩まないか、少し心配です。

スピニング用のSHKもあるゾ!

 

スピニング用のSHK、もリリースされております。

こちらはリールフットにゴムバンドで取り付ける方式のようで、ベイトのようにリールに傷をつける心配はないかと思います。

BHKはステンレス製ですが、SHKは何故かチタン製w

お値段もちょっと高め。

SHKについては、ヘビーカバー.jpさんのインプレが非常に参考になります(*’▽’)

これもそのうち試します。

まとめ

フックキーパーの救世主、BHKについてでした。

お安いですし、フックキーパーの糸絡みにお悩みの場合、試してみる価値があると思います。

ただし、お使いのリールのメインギアの裏側に装着可能かチェックしてからが良さそう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です