レンタルボートの新便利アイテム。1Lペットボトルと高枝切バサミ。

スポンサードリンク

引っ掛かった部分を枝ごとバツン!と切ってしまえば、速攻で回収可能です。

あまりブッシュに突っ込む必要がなくなるので、回収にかかる時間は半減します。

※追記とお詫び

高枝切りで木の枝を切ると、私有地などの場合、器物破損などの罪に問われるケースがあるので、上記方法は実践するのはよろしくない、とのご指摘をいただきました。

全くもってご指摘の通りです。

私の大変未熟で、浅はかな考えでした。

ご指摘をいただくまでそのような思いに至らなかったことをお詫びするとともに、このような方法でのルアー回収は今後改めたいと思います。

不快に思われた方、いらっしゃいましたら大変申し訳ございませんでした。

長尺物はまとめます

最初は長尺物なので荷物増えるし、邪魔かな?と思ったんですが、どうせタックルが長尺物だし、私は長尺物同士、ロッドバンドでまとめて持って行きます。

ルアー回収機、タモ、枝切りバサミ、ロッド置き用のクレトム インテリア・バーをまとめてます。

ルアー回収の手返しの良さが格段に上がるので、手放せないアイテムになりました。

オマケ

 

THマリン Gフォースハンドルという商品をご紹介。

エレキのマウントの純正のロープは、普通の紐で、長年使用していると経年劣化である日突然バツン!と切れたりしてとても危ないです。

(実際に切れて、その反動でロッドを折ってしまったりすることもあるようです。)

そこで強化された社外のマウントロープがリリースされています。

中でも定番商品である、「Gフォースハンドル」。

赤いルックスがカッコイイですし、金属製ワイヤーをビニールコーティングした紐は、耐久性抜群。

純正のロープだと、こういうところが、擦れて切れる事が結構あるんですよね。

ちょっと高価ですが、長年使えるのでコストパフォーマンス的には悪くありません。

マイエレキを購入する場合は必須アイテムとなっています。

 

まとめ

コンビニやホムセンで買えるレンタルボート便利アイテムでした。

快適なレンタルボートライフを過ごして、ビッグバスをゲットしたいですね*\(^o^)/*

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です