[アングラー取材]フィッシングガレージブラック フルラッピングハイデッキで楽しむ相模湖[前編]

スポンサードリンク

アングラー取材 第13弾 kadooさん @1月中旬の相模湖 [前編]

 

アングラー取材第13弾はフィッシングガレージブラック・釣り吉ホルモンフィールドスタッフkadooさんのレンタルボートスタイル紹介[前編]です。

  • [前編]は14ft用セッティング⇦この動画

についてお伝えします。

 ☝︎YouTube動画はこちらになります。

kadooさんについて

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

TERUYASU KADOYA(@kadoo1114)がシェアした投稿

私とkadooさんはTwitterを通じて知り合いました。

めちゃくちゃカッコいいレンタルボートスタイルの人だなあ。取材させてもらえないかなあ。とずっと思っていたのですが、大変ありがたいことにkadooさんから「取材お願いします!」とご連絡をいただいたのがキッカケです。

kadooさんは、房総チャプター、南千葉チャプター、新利根川チャプターとNBCトーナメントを複数掛け持ちするトーナメントジャンキー。

レンタルボートセッティングは、高山陽太郎プロ率いるフィッシングガレージブラックさんのサポートの元、36Vエレキ2機掛けやGARMIN ライブスコープ、さらにリチウムイオンバッテリー × 3などフル装備仕様です。

もう残されたところはないのでは?というぐらい突き抜けたセッティングです。今回はそのセッティングの中でも、14ft向けのハイデッキセッティングをご紹介いただきました。

釣りのスタイル 

メインの釣りのスタイルは「サイトフィッシング&カバー撃ち」。トーナメンターらしく、一本でも多くの魚を釣ることを最優先したストイックなスタイルです。

“ikahime”

全部載せ仕様のレンタルボートセッティングを、数回に分けてご紹介していきます!

フィッシングガレージブラック FRPハイデッキ 14ftセッティング

 

フィッシングガレージブラック謹製のFRP製ハイデッキを、14ftにセッティングした状態でご紹介していただきました。

3分割ハイデッキで、コンパクトに折りたたむことができるので車載もラクです。持たせてもらいましたが、木製ハイデッキに比べると軽量です。

 

まず目を引くのは、フルラッピング仕様である点。バスボートと同じラッピング技術を使っています。

さらに、通常のラッピング処理の上から保護フィルムを施工することで傷や汚れに強く、ブラシなどでガンガン掃除できる作りです。

 

バウデッキも同様のラッピング処理がしてあり、隙がありません。

ハイデッキバーでセッティング

 
 

ハイデッキの設置方法は、「ハイデッキバー」と呼ばれるアルミ製の棒をボートガンネルに掛けます。

ハイデッキバーは12ft用と14ft用があります。

 
 

このハイデッキバーを使用したハイデッキ設置のメリットとしては、ボートガンネルとハイデッキの高さが同じになる「ツライチ」仕様にできるところです。

ツライチ仕様には以下のようなメリットがあります。

  • サイトフィッシング時に目線が高く水中が見やすい
  • カバーフィッシングの際に上方からアプローチできる
  • デッキの下が広いので不必要なものを収納できる
  • 見た目がレーシーでカッコ良い
 

デッキの下はどれぐらいスペースがあるかというと、少し潰したバッカンを収納できる程度です。

ボート上をスッキリ整理することができるため、釣りに集中することができます。

気になるお値段は…?

 

ラッピング仕様について気になるお値段ですが、ラッピング + 保護フィルムで4万円〜となっています。デザインなどどこまでこだわるか?で変動します。

ハイデッキ本体は、8万円〜ぐらいが目安となっています。こちらも塗装の仕上げ(ラメなど)によって変動します。

さすがにこだわりの仕様満載なのでお安くはないですが、ハイデッキは一度購入すれば5年〜10年と使い続けることができます。

また、ラッピング仕様の満足度はどう考えてもヤバイので、誰よりもカッコいいハイデッキが欲しい!というアングラーにとっては一択ですね。

どこで買えるの?

 

カラーや仕様などを詳細にオーダーすることができるため、基本的にはフィッシングガレージブラックの店頭でオーダーしていただく形になるそうです。

ハイデッキバーは在庫があります。一方で、ハイデッキに関してはごくたまに在庫があるそうですが、基本的には受注生産となっています。

FRP製のハイデッキを導入予定の方は、ぜひフィッシングガレージブラックさんに相談してみてはいかがでしょうか。

フィッシングガレージブラック

フィッシングガレージブラック

〒260-0808 千葉県千葉市中央区星久喜町157−3

kadooさんのYoutubeチャンネル

Kadooさんは、Twitter・Facebook、そしてYoutubeチャンネルも運営し、情報発信もこまめにされています。

ガチトーナメンターの実釣動画は勉強になるところがたくさんです!ぜひご覧ください。

次回:36Vエレキ2機掛けセッティング

次回は、36Vエレキ2機掛けのセッティングについて深掘りしていきます。

お見逃しなく!

取材させていただけるアングラーさん募集中

取材させていただけるアングラーさんを超募集してます。 我こそは!という方がいらっしゃいましたらぜひお願いします。

特に関東一円のフィールドでレンタルボートスタイルのバスフィッシングを楽しまれているアングラーさんですと、非常に嬉しいです。

(私は神奈川県西部住みです。とはいえ、関東近郊でしたらご相談に乗ります。)

 

もちろん費用などはいただきません。普段釣りをされているところに、私がしれっとお邪魔するイメージです。(日程は要相談)

※もしご希望の方がいらっしゃいましたら、TwitterでリプやDMくださると一番レスポンス早いです。ツイ廃なので。

ikahimeちゃんねるについて

■チャンネル登録よろしくお願いします!! http://www.youtube.com/channel/UClRd0…

■ブログ https://ikahime.net/

■Twitter https://twitter.com/ikahime_net

■インスタグラム https://www.instagram.com/ikahimenet/…

■ikahimeちゃんねるとは? バス釣りブロガーikahimeがお送りするバスフィッシングYouTubeチャンネルです。

神奈川生まれ神奈川育ち、アラサー妻子持ち。(超普通) 小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 リザーバーでのレンタルボートスタイルをメインとしています。

主に関東一円のバスフィールドを中心に実釣ムービーをUP! バスだけでなくソルトも始めました。ショア・オフショア問わずシーバス、タチウオ、マダイ、シイラetc..狙ってます。 ゆるい感じのファンフィッシング動画をお届けします。

■その他ikahimeのSPEC

・TSURIHACKでバス釣り記事のライターやってます。

・釣り具買いすぎてお金ない

・ワールドシャウラーLv.1

リールカスタム情報まとめ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


two + 7 =