相模湖!沖の中層フィーディングフィッシュの狙いかた。

スポンサードリンク

春の相模湖に行ってきました。

スポーンの個体ではない、中層でベイトフィッシュを追いかけ回しているバスの狙い方を考察します。

春の相模湖

 

ツリラクさんと春の相模湖へ行ってきました。

スポーンがらみのオサカナを避け、フィーディングフィッシュをGETしたい今日この頃であります。

冷え込み

 

四月末というのにキツーイ冷え込み。朝イチ気温1度、桟橋ははバリバリに凍っていました…

釣果

 

釣果は1フィッシュ1バラシでした。

シャローに魚っ気アリアリなのですがこの釣果という事で情けない限り。

事の顛末を記していきます。

ベッド絡みのお魚?

 

釣れた一本は、のちのちの状況からベッド絡みのオサカナという判断。

というわけで、実質的にはボウズです(⌒-⌒; )

ヒットルアーは話題の、エンジン like1.5インチでした。

吉野ワンド

 

朝イチは大好きな吉野ワンドへgo。

春の訪れが最もはやく、フィーディングフィッシュとの距離感が近いイメージ。

とはいえ人気スポット故、プレッシャーも高いですが…

 

アレコレやってみますが、思いのほか表層に魚っ気ナシ。

フローティングカバー

 

O.S.Pアイウェーバーを浮きオダのエッジに絡ませて巻いてくると、ワラワラと小バスが湧いてきます。

たまにソコソコサイズも混じる、とはいえ食わすまでには至らず…

きつい冷え込みにもメゲズ、表層にバスが残っていました。

ここまででフローティングカバーにそこそこバスが付いている、という状況判断が出来たのですが…

本湖のワンドへ

 

春の雰囲気を感じるため本湖エリアのワンドへgo。

しっかりと春を感じさせる雰囲気でした。

ここで先述の小バスちゃんをget。

沖の中層

 

最後に秋山川で、フィーディング系のオサカナを狙うべく、ソアリンシャッド1.8インチの縦割りダウンショット1.8gを召喚。

沖の中層でベイトを求めてウロウロ回遊しているバスにテキメンに効くというメソッドです。

係留船の下でバイト

 

狙い通り?係留船の下でバイト‼︎

しかし船べりでポロリ。

千載一遇のバイトを逃してしまいました。

ベイトを追いかけている体高のある筋肉質なバス

相模湖バスは、体高があってマグロのような体型のバスが多い。これは相模湖のバスが魚食性が高いということを意味します。

ベイトフィッシュを追いかけて横方向によく泳ぐので筋肉質になるという訳です。

(すいません、全てティムコメンの受け売りですが。相模湖バスの写真や釣れ方を見返してみると、確かにな、という感じです。)

ミドストで狙う

で、そいつらがベイトを狙って回遊するルートが、「沖の中層」と呼ばれるエリアです。

狙い撃ちできるのが、ミドストである、というわけです。 

今回はソアリンの縦割りダウンショットミドストでしたが、いつもはティムコスーパーリビングフィッシュやグリマー7、それからヴィローラなんかでやってるやつです(^^)

まとめ

という訳で、釣れてもいないのに、「沖の中層フィーディングフィッシュ」について語ってみました。

いくばくか知恵をつけて、フィールドで実際に反応があったため、少し相模湖バスについて理解が深まったようなそんな釣行になりました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です