デカバスの釣り方。まずは子バスと戯れよう。

スポンサードリンク

デカバスを狙って釣るのって、難しいですよね。

…でも実は、子バスと戯れることが、デカバスへの近道だった!?

デカバスの効率的な狙い方を考察します。

デカバスを釣りたい。

 

なんやかんや、大きい魚が釣れると嬉しいですし、どうせ釣れるなら大きい魚がイイ。釣り人なら、誰しもがそう思うはず。

しかし、サンデーアングラーにとって、デカバスを狙って釣るというのは至難の業。

正直いって、運的要素も大きく影響しているかと思います。

そこで、どうしたらデカバスが狙えるのか、考察してみます。

 

子バスと戯れる

 

子バスなら容易に数釣り出来る。というとき、どうしますか?

(子バス、といっても定義は人それぞれかと思いますが…いわゆる25センチ以下、ノンキーパーが子バスだとします)

1.シカトして、デカいのしか狙わない。

2.子バスと戯れる

個人的には、子バスでも釣れると嬉しいし、何の反応もないよりは、子バスでも釣れたほうが良いと考えています。

なので、全力で子バス達と戯れておりますw

デカバスへの近道!?

 

当然、デカバスを釣るよりも難易度は下がります。やはり、実感としてサイズに比例して賢くなるからです。

子バスばかり狙ってどうすんだ…と思われるかもしれません。

しかし、子バス狙いでしっかりと子バスたちと戯れる行為が、実はデカバスへの近道だとしたらどうでしょうか!?

 

相模湖でイイのを釣る

 

おお、なるほど~。と思った相模湖攻略法がありまして。

相模湖って平均サイズが小さめで、「子バス祭り」状態になりがちなんです。

 

そこで、こんな質疑応答がどこかで繰り広げられていました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です