やっぱりゲーリーヤマモトが好き。釣れるゲーリーヤマモトランキングTOP10。

スポンサードリンク

バス釣りのワームといえばゲーリーヤマモト!ですよね。

ゲーリーヤマモトが好きすぎて勝手にランキングを作りました。

ゲーリー愛を語ると共に、釣れるゲーリーワームトップテンをご紹介します。

ゲーリーヤマモトって!?

 

まずはゲーリーヤマモトの歴史を少しだけご紹介します(^.^)ゲーリーヤマモト氏は、1943年8月5日ハワイ生まれの日系二世です。

大学を卒業後、ロサンゼルスでコンピューターのセールスマンとして従事。しかし、ロサンゼルスは彼の子供たちを育てるのにふさわしくないと感じていました。

 

理想的な環境を求め、アリゾナ北部のペイジという美しいリゾートタウンの存在を知ります。1976年、ペイジのキャンプ場を買収し、一家で移住。

 

ペイジは、ダム湖“レイクパウエル”に面しており、そこでゲーリーヤマモト氏はバスフィッシングと出会います。キャンプ場を経営する傍ら、レイクパウエルのバスフィッシングトーナメントへ出場。

既製品で満足できずにルアーを作り始めました。それこそがゲーリーヤマモトブランドの出発地点です。

 

ゲーリーヤマモト氏が30歳になるまでバスフィッシングに触れたことが無かったなんて、ちょっと驚きですよね。現在でもそのキャンプ場を保有し、Gary Yamamoto Custom Baitsの本社はそこにあります。

ゲーリーヤマモト

 

ゲーリーヤマモトのワームは何故釣れるのか。

これはいろんなところで語りつくされており今更私が言及する必要は全くないのですが、私の中のゲーリーヤマモト愛が止まらないので書かせていただきます。

・高比重

 

密度の高いゲーリーマテリアルは高比重という事で知られています。

よく「高比重」とか「低比重」というのは、水と比較したときの重量比の事ですね!水よりずっと重たい素材で作られている訳です。

・塩の量がハンパない

 

最大の特徴である「ゲーリーマテリアル」にはこれでもか!というぐらい塩が含まれています。

揉んでみると表面が白くなり、塩が出てくる出てくる。ワーム業界随一の塩含有量を誇ります。

製造方法は企業秘密という事らしいですが、ダイワ×ゲーリーコラボのネコストレートとか出てるし門外不出のレシピなのかは微妙なところではあります。

・柔らかい

とにかく他社製ワームと比べるとひたすらやわらかい。イイアクション出ます。

・しょっぱい

バスがゲーリーマテリアルをバイトしたとき、「血の味」に錯覚するとか。

そのおかげでバイト時間が長い!

・自発的アクション

高比重マテリアルが水中で一体何をやらかしてくれるかというと、勝手に動くんです!重いので、下へ下へ落ちる!という作用が働く訳ですね。

LIKE A ROLLING STONE(転がる石の様に)という訳です。

これが「自発的アクション」、何もしなくてもオートマティックバイトを誘発してくれる!って訳ですな。

・ライブベイトと比重が一緒説

これは本当か分かりませんが、ゲーリーマテリアルが「生命体比重」になっているのでは?という説です。

弱った小魚が泳力を失い、水中を漂うスピードを忠実再現!ってな訳です。そりゃ釣れますわ、騙されますわ。そうすると、センコーとか「ただの棒」なワームが良く釣れる理由が説明がつきますね。

ありきたりですが、ゲーリーヤマモトのワームが釣れる理由はこんな感じでしょう!

そんな愛すべきゲーリーマテリアルですが当然万能ではありません。ぶっちゃけ欠点もあります。包み隠さず言っちゃいます。

デメリット

・もろい

 

非常にやわらかくアクションが艶めかしいのはイイ事。しかしとにかくもろい。まあそこはトレードオフの関係にあって、致し方ない部分ではあります。

もう少し頑丈なゲーリーヤマモト…それはゲーリーに非ず。

・フックが錆びる

とてつもない量の塩を含むゲーリーマテリアル、うっかりフックをつけっぱなしにすると、速攻で錆びが発生。

マジで誇張でもなんでもなく、釣り場でつけっぱなしにしてしまって、家に帰るころにはうっすらと錆びが!

ちゃんと外せよwってとこなんですけど無精アングラーにとってはこれ結構なデメリット。

・色移りしやすい

チャートや白、アンバー(オレンジっぽいやつ)、赤は混ぜるな危険。ガッツリ色移り。

わざと色移りさせて、好みのカラーに仕上げる玄人テクニックも存在するとかしないとか。

•劣化しやすい

水につけると色落ちします。私は使用後のワームをダメージが少なければ元袋に戻す派なんですが、新品のワームと色が変わってます。

色が薄くなります。ただ、ちょっとヤレた状態がより釣れる!という意見もあったりしますね。

長期保存も苦手で、ベトベトになったりしがちです。

欠点もある。

完璧ではない!です。地味にコスパは良くない部類。

でもそんなところも含めて可愛いヤツらなんです。もろくても買っちゃうし使っちゃう。なぜなら釣れるから!もうゲーリーヤマモトの虜なんです。

…という訳でゲーリーヤマモトのワームの中で、これは釣れる!というワームをランキング形式でご紹介したいと思います。

勝手なランキングです。私の好きな順ですw

それではLET’Sゲーリーヤマモト!

1位:ファットイカ

 

 

どこにでもかっ飛ばせて、良く釣れるファットイカ。対岸攻略のスペシャリスト。

スカート側からフックを刺すバックスライドセッティングでカバーの最奥へオートマティックに滑り込む。

ちと高いのは、スカートを手作りでメイクしているから。でもファットで頑丈なボディはハリモチが良くタフネスだからむしろコスパ良好。

見失うほどかっ飛ぶからチャートカラーのスカートをチョイスすべし。硬めマテリアルのヘビーカバーファットイカが個人的にはオススメ。

バックスライドワームの火付け役であり本家本元。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です