[6月]濁りの片倉ダムバス釣り。水の良い最上流&本湖を目指せ!

スポンサードリンク

[6月]片倉ダムバス釣り

 

2月のブラックカップ以来の片倉ダム。今シーズン2回目の房総リザーバーへ行ってきました。

 

最近は自宅から至近の相模湖&津久井湖メインで釣行しているため、足が遠のいていたという訳です。

私ごとで恐縮ですが子供が2歳という事でお父さん業がなかなか忙しく、両立させるために近所のフィールドへ通っております。

 

そんな訳で、超久しぶりの房総リザーバーにめっちゃワクワク。

釣りハック編集部の皆様と

 

いつも読んでいただいている方はご存知かもしれないですが、ご縁があって釣りハックさんのライターとして活動させていただいています。

今回は、釣りハック中の人たちにお誘いいただいて、片倉ダムに行くことになりました。

 

釣りハックメンバーは取材(主に素材撮り)という名目!?での釣行。そして私もブログネタの調達がメインの目的です。

でも、普通に房総リザーバーを楽しみたい、という感じもありつつ。

 

釣りハックメンバー3人+私の2艇で出船です。

コンディション

 

6月29日(月) 片倉ダム

天気:晴れ
水温:18℃〜23℃ 
気温:21-28.6℃
釣果:子バスポロポロ。 
ヒットルアー:野良ネズミ、GYモコリークローライトテキサス、ブルフラット3.8インチなど

梅雨の晴れ間で人間は快適?前日に降った大雨により、どちゃ濁りのカフェオレテイスト。

ボート屋さんによると「普段は濁りが入るとデカイのが出ることが多いけど、今回は不発。表層の子バスが減って数釣りもやや渋い状況。」とのことでした。

トップウォーターからゲームスタート

 

水質がめちゃ最悪..とはいえ6月の片倉ダムだよ?という訳でトップウォーターからゲームスタートしてみました。

羽根モノやバズベイトを投げてみますが無。

まずはバックウォーターへ

 

朝一、まずは上流部へバウを向けます。この濁りですが豪雨から一晩明けているためバックウォーター最上流部は水が回復しているはず、という見立てからですね。

 

実際に最上流部、もとよしボートを超えたあたりでくっきりとしたマッドラインが。比較的綺麗な水が流入しており、水温は17度〜18度。見えバスも数本居ますが相手されず。

カバーでバイトあるものの木化け。

 

同船した釣りハックT氏はマッドラインの付近、濁っている側でブルフラット3.8テキサスで良いバスをGETしていました。ウラヤマ。

やや澄みなところ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です