ラストエース80F インプレ。[喰わせ最強]表層ベイトフィッシュ。

スポンサードリンク

ラストエース80F インプレ

 
created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
¥1,210 (2020/11/24 11:47:45時点 Amazon調べ-詳細)

オリジナルのラストエース75と同様に、とてもお世話になっているルアーです。75はシンキングタイプでしたが、「80F」はフローティングタイプとなっています。

フローティングになったことで75とはまた違った感じで使えるようになってます。

  • サイトフィッシング
  • I字引きでサーチ
  • 放置で浮かせる

などで使います。オリジナルの70との使い分けは、ルアーを沈めると見切るとき。に出番かなあ、と思ってます。

高い喰わせ能力

サンプルが子バスですいません

 

ベイトフィッシュに極めて似た、生命感のあるルックス。喰わせ能力はめっちゃ高いと思います。

バス釣りの格言で、「リアルなルアーにだまさているうちは2流。本質がわかっていない」みたいな言葉がありますが、これは半分あたり、半分間違いだと思っています。

ベイトフィッシュに極めて似たルックスのラストエースがめっちゃ釣れるからですね。

何が言いたいかというと、ラストエースシリーズのリアル系なルックスは、人間だけでなくバスに対する訴求力も非常に高いルアーだということです。(謎)

飛距離が出る

オリジナルのラストエース70と比べて、ちょっとだけ(5mm)サイズUP。そしてオリジナル同様にプリっとした中身の詰まったマテリアルなので見た目以上に飛距離が出ます。

表層+遠距離でスレたやつらを騙すことが出来ます。

フックセッティング

フックセッティングはオリジナルのラストエース70と同様に、ちょっと大きめ&太軸のフックを合わせました。ワーム329HD#2です。

フックの重さで姿勢安定をさせる効果があります。

 

セットの向きはオリジナルと同様に下向きとしてみました。

 

※ちなみに開発者である福島 健氏のブログを参照したところ、瀕死のベイトフィッシュをイミテートするため横向きセットがおすすめだそうです。

 

注意点としては、太軸なので細軸のマスばりと比べるとやや刺さりが劣るということです。フッキングパワーがしっかり出せるセッティングで扱うと良いですね。

マスばりは結構向こう合わせで刺さるイメージがありますが、ハンガーHDぐらい太軸だとしっかりこちらから掛ける必要があります。

公式の推奨セッティングはロッドはULクラス、フロロ3lb〜5lbということですが、個人的にはロッドはLパワー以上で、可能であれば0.6号以上のPEセッティングが良いと感じました。(それでも遠くで掛けると不足する場合あり。)

たぶん私のフッキングが下手なのでそう感じるのかも,.,.

まとめ

マジで良いルアーなので買いだと思います。

表層のシーズンは終わってしまいましたが、来シーズンに向けて補充しておいてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

エバーグリーン(EVERGREEN) ラストエース 80F #55 オイカワ

エバーグリーン(EVERGREEN) ラストエース 80F #55 オイカワ

1,210円(11/24 10:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です