ラッキークラフトLC RTO 1.5。スクエアビルクランクの永世定番品は何がスゴイのか。

スポンサードリンク

名品、ラッキークラフトLC RTO1.5を入手。

恥ずかしながら、いままでこの名作クランクを使ったことがありませんでした。

LC RTO1.5って何?的なところから、釣れる秘訣までをご紹介したいと思います。

LC RTO1.5 基本スペック

 
length 60mm
weight 12g
潜行深度 0.9 – 1.2m
重心 固定
タイプ フローティング
サウンド サイレント
純正フック 前後#4
 

ラッキークラフトUSAからリリースされている、「RTOクランクシリーズ」。

「RTO」のネーミングの由来は、”Respect Takahiro Omori(リスペクト・タカヒロ・オオモリ)”の略。

ご存知、大森貴洋プロのシグネチャーモデルです。

B.A.S.S.(バスマスタークラシック)の2004年度大会において、日本人初の優勝という快挙を成し遂げた、大森貴洋プロ。

さらに2015年のバスマスタークラシックでも3位入賞を果たしている世界のトップアングラー!

※B.A.S.S.(バスマスタークラシック)は、全米最高峰の権威あるトーナメントです。

リッククランのRCシリーズ

 

すこしややこしいのですが、RTOシリーズと、RCシリーズというルアーがありまして。

RTOと、RCは名前がちがうだけで、同じだそう。(微妙に違う、という説もあるみたいです)

 

‘RC’は、ラッキークラフト×バスプロショップとリッククランのコラボで誕生した、RC(リック・クラン)シグネチャーモデルです。

リッククラン

 

サブイズムさんより

 

リック・クランは米国における伝説的バスプロ。

昨年、御歳69歳にして、バスマスタークラシックの初戦で15年ぶりの優勝を飾るなど、まさに「リビングレジェンド」的な存在。

リッククラン、RCシリーズについて詳しくは、ナマローさんがまとめてくださっています。

リッククランについてや、お手持ちのRC0.5DDをご紹介されています。

 

そんな神様リッククランのクランクベイト、RCシリーズ。

リッククランがラッキークラフト在籍時に開発され、長らくRCシリーズとして販売していましたが、スポンサードの関係で、現在では「RTO」シリーズとして販売されている、という事らしいです。

さらにそこには、リッククランから、大森貴洋氏にクランキングを伝道した、という逸話があるそうです。

RTOクランクシリーズ

RTOシリーズは、非常に細かくラインナップされているのが特徴。

RTO Tiny★RTO 0.5★RTO 0.7★RTO1.0★RTO1.5★RTO2★RTO2.5★RTO3.5★RTO4.5

末尾の数値は、潜行深度ではなく、ボディサイズを表しています。

そんなRTOシリーズの中でも、関東リザーバーど真ん中なサイズ感、基本中の基本なRTO1.5。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です