mibro デスサイズ3.5インチ。モコリー、ドライブクローに次ぐ第3のクロー。

スポンサードリンク

mibroのデスサイズ3.5インチの使用感です。

随所にmibroイズムの感じられるクロー系に仕上がっていました。

ミブロ デスサイズ3.5インチ

 

塚本謙太郎氏主宰のmibro初のソフトベイトとして、リリースされたデスサイズ。

高比重素材のクロー系ワームです。4インチ、3.75インチ、3.5インチとサイズ展開があり、最小サイズである3.5インチを試してみました!

クロー系永世定番といえば。

個人的にこういった3inchから4inch程度の大きさのクロー系は、

 

O.S.Pのドライブクローや、

 

ゲーリーヤマモトのモコリークローを多用しています。

 

いずれのワームも非常に良く釣れるのですが、やや脆いマテリアルがウィークポイント。

特にモコリークローについては爪がめっちゃ取れやすいという欠点を抱えています。釣れるゲーリーマテリアルですが、正直ハードなカバー撃ちには向いていないですよね。

という訳で、より使い勝手が良いクロー系を求め、デスサイズを購入してみました♪

何故3.5インチ?なのかというと、モコリーちゃんやドライブクロー3インチの代替として使ってみたかったからです!

 

激釣れのドライブクロー3inchとの比較。モコリーちゃんとは写真撮り忘れましたw

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です