豊英ダムバス釣り。秋の虫パターン&ジャークベイト浮き浮きメソッド検証。

スポンサードリンク

豊英ダムへ行ってまいりました。

秋の虫パターン&ジャークベイト浮き浮きパターンを検証します。

 

秋の豊英ダムバス釣り

 

10月下旬、秋の豊英ダムバス釣りです。

コンディション

 

水温は20度前後、水位はMAX満水。天候は晴れ/くもり。

適水温&適度なローライトで、めっちゃ釣れそうな感じ。

釣果

 

ボウズ逃れ(マメ)一本でした。

魚っ気が全く無かったワケじゃないんですが、イマイチリズムに乗れず…

立ち回り

 

いつもの「上流サイトおじさん」からの脱却を図る為、本湖方面からチェック。

ここ数回の釣行で、上流の魚が減ってきている実感も理由の一つ。

浮き浮きメソッド検証

 

ブレイクを魚探でチェックしつつ、ワンテンR+1と、ヴァルナでリザーバージャークベイティングを敢行。

しかし甘くねえw

フォローのソアリン縦割りで

 

フォローで入れたプロフェッサーのソアリンシャッド2.3インチ縦割りDSで、ボウズ逃れGET.

おチビちゃんだけど、一応魚探を見ながらブレイクで釣れました(*’ω’*)

 

…それ以上反応が無いため、課題である「本湖のストラクチャーフィッシング」は終了!

秋の虫パターン検証


前日に、Engine羽生プロの「豊英ダム 秋の虫パターン」動画を見てたので、モロに影響されて秋の虫パターンチャレンジ。

 

羽生プロは、Engineの「ブーン」を割と高速でトゥイッチ&首振り。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です