おすすめの小型スピナーベイト[マイクロスピナーベイト]6選。根こそぎ喰わせるヤツら!

スポンサードリンク

おすすめのマイクロスピナーベイト [コンパクトスピナーベイト] 6選

マイクロスピナーベイト[コンパクトスピナーベイト]
 

ナマロー先生がBasser誌で紹介していて、猛烈に気になっていたマイクロスピナーベイトを数種類仕入れてきました。

相対的な大きさがわかるように集合写真です。

 

上段左から

プロズファクトリー プロズミニスピン、フラッシュユニオン バイブススピナーベイト、ティムコ クリッタータックル ネクロマンサー

下段左から

ジャッカル デラスピン、ラッキークラフト エリアス、エバーグリーン Dゾーンフライ

です。

 

今年はH-1GPXにも参戦する予定で、この手のルアーでキーパーサイズをしっかり拾っていきたい…という思いもあります。

もちろん、小さければ釣れる、という簡単なモノでもないのですが..

 

また、意外とコンパクトスピナーベイトって持ってなかった!のであります。

 

というわけで、各社のマイクロスピナーベイト[コンパクトスピナーベイト]の特徴をご紹介していきたいと思います。

結構数社からリリースされておりまして、それぞれかなり個性的な仕上がりですよ。

プロズファクトリー プロズミニスピン

プロズファクトリー  プロズミニスピン

プロズファクトリー プロズミニスピン

 
created by Rinker
ProsFactory(プロズファクトリー)
¥968 (2021/06/19 21:13:20時点 Amazon調べ-詳細)
プロズミニスピン
 

プロズファクトリーのプロズミニスピン。フルサイズのスピナーベイトをそのまま縮小したような形状ですね。

しかしヘッド重量はたったの3.5gと非常に軽量です。

プロズミニスピン ブレード&フック
 

ブレード形状はインディアナブレード。振動とフラッシングが程よくバランスした引き感です。

しっかり目のワイヤー製ワームキーパーがあり、トレーラーワームの装着を考慮しています。フックは中太軸。

 

小さいけどレンジキープしやすく、フルサイズのスピナーベイトと大きく変わらない使用感でとても使いやすいですね。

フラッシュユニオン バイブススピナーベイト

フラッシュユニオン バイブス

フラッシュユニオン バイブス

 
フラッシュユニオン バイブススピナーベイト
 

フラッシュユニオンのバイブススピナーベイトです。ヘッド重量は4g。

ヘッドは無塗装タイプで、スモラバにワイヤーを装着したような雰囲気。スカートの感じもスモラバっぽいシリコンラバーです。

 

ヘッド下部に追加ウェイト用のアイがあり、レンジや巻きスピードを容易に調整可能なのが嬉しいです。

 

私が購入したカラーは、「テナガエビ / ブラックニッケルブレード」というカラーで、ブレードは黒くフラッシングを抑えたタイプ。(他カラーはゴールドやシルバーもアリ)

形状はコロラドブレード。

 

ブレードのスイベルの付け根部分は軟質樹脂で覆われており、これはブレードの立ち上がりをUPさせるための意匠のようです。(クイックロータリーシステム)

ワームキーパーはワイヤータイプでトレーラーワームの取り付けを考慮。 

 

ちなみに、コロラドタイプのブレードはかなりの強振動。小さなスピナーベイトですが濁りが入った時のカバー打ちなどに有効です。

ティムコ クリッタータックル ネクロマンサー

ティムコ ネクロマンサー
 

ティムコ クリッタータックルのネクロマンサーです。公式の説明ですと、「フェザージグ+ブレードアクション」ということで、スピナーベイト感はやや薄めです。

今回ご紹介した中で、もっともコンパクトなシルエットですがヘッド重量は6.5gと、小さいけどぶっ飛ぶ系のやつです。

フックも小型のトレブルフックが装着されています。

ティムコ ネクロマンサー
 

スカートは、多量のティンセルが巻かれた仕様。

トレブルフックはクイックに交換できるタイプとなっており、長く使えそうで良いですね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です