船テンヤタチウオであぶれなし!@冬の東京湾。ジギングで反応が薄いときに。

スポンサードリンク

[冬]東京湾のタチウオをテンヤタチウオで狙う!

YAMAHA シースタイル 浦賀港
 

東京湾のタチウオにハマっております。浦賀港からヤマハシースタイルのレンタルボートで出船し、狙ってきました。

(キャビンが大きめであまり釣り向きではないボートですが、空きが無かったため)

テンヤタチウオ
 

その際、ジギングだけでなく、テンヤタチウオと呼ばれる仕掛けでアプローチしました。

これが非常に良く釣れるので、ご紹介したいと思います。

「天秤仕掛けの餌釣り」もしくは「ジギング」メイン。

タチウオジギング
 

東京湾のタチウオと言えば、「天秤仕掛けの餌釣り」もしくは「ジギング」がメインです。

 

しかし大阪では、テンヤタチウオがポピュラーらしい。

テンヤタチウオは、タチウオ用のテンヤにイワシを巻きつけた仕掛けです。

 

先日、乗り合い船でジギングに行った際、ジギングでは一人1〜2本という渋い状況の中、テンヤタチウオで釣りをしていた友人が竿頭に…

というわけで、私もジギングで反応が薄いとき用に、テンヤタチウオを導入してみようと思った次第です。

ジギングに反応が無いときに

イワシを使うということで、生餌を使う釣りです。

 

しかしゲーム性はジギングに負けないというのが最大の魅力。ゆっくり巻きしてみたり、ワンピッチジャークで誘ってみたり。

誘い方によってタチウオの反応が変わってきます。

 

また、天秤を使用したエサ釣りよりも仕掛けがシンプルな分、アタリや引きもジギング同様のダイレクト感があります。

だから、ジギングが釣れない時の保険?としてめっちゃおすすめなんです。

おすすめテンヤ

ジャッカル アンチョビドラゴン

おすすめのテンヤは、ジャッカルのアンチョビドラゴンテンヤ!カラーは定番ですがピンクや、パープルがいい感じです。

重さは40号(150g)ぐらいを基準に、100gから200gぐらいまで数種類あればOKです。

ジャッカル アンチョビドラゴン
 

フックには、イワシキーパー?的なものが付いていますので、そこにイワシを刺し、付属のステンレスワイヤーでぐるぐる巻きにしてリギング。

ワイヤーはイワシのお腹にはあまり巻かないようにするのが良いらしい。知らずに全身ぐるぐる巻きにしてしまった…

 

アシストフックをつけることも出来ますが、1本針仕様でこちらから掛けていく感覚が楽しいです。

タチウオ釣りの魅力

東京湾 タチウオ
 

キックバックが病み付き

タチウオは引きがかなり独特で面白い!掛かった瞬間に、ズドンと重たくなるのですが、その瞬間が病み付きです。

タチウオは縦方向に泳ぐのですが、掛かった瞬間に下方向にバックするんです。これをキックバックと呼びます。

デコ率が少ない

東京湾 タチウオ
 

癒し系、とまではいかないものの、デコ率が低いです。

ジギングのみですとちょっと危ない時もありますが、バックアップとしてテンヤタチウオを用意しておけば、そうそうデコる事はないでしょう。

今年は浅場で釣れている

特に昨シーズンあたりから、冬のタチウオが浅場(50m〜60m)レンジでバンバン釣れて、かなり好調のようです。

通常、冬のタチウオは100mぐらいに落ちるのが普通みたいですね。

冬タチウオはサイズが良い

東京湾 冬タチウオ
 

冬タチウオは型が良いのも魅力です。高確率でいわゆる「指4本」や「指5本」サイズ、時にはメーター越えの大物も。

(しかもデカイ方が脂が乗っててウマイ。)

東京湾 冬タチウオ
 

たまに小さいのも混じりますが…

めちゃくちゃ美味い

何と言ってもめちゃくちゃ味が良い、というのがタチウオの最大の魅力ではないでしょうか。

炙り、塩焼き、刺身どれも絶品です。

釣れた魚を家に持って帰ると煙たがれる事もありますが、数少ない喜ばれる魚の一種です。(それは言い過ぎかw)

タックル

タチウオジギング タックル
 

タックルは、バス釣りに使っている5pcのルアーロッド(JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61C)を流用。

リールはオシアコンクエスト201HGですね。

メインラインはPE2号(ヨツアミ スーパージグマンX4)。

リーダーはフロロ50lb(VARIVAS(バリバス) ショックリーダー フロロカーボン)。タチウオは歯が鋭いので極太リーダーをFGノットで結束します。

かなり特殊な感じのタックルでやっておりますので、あまり参考にならない気もしますが…

 

本来は、ライトゲーム用の船竿、ジギングロッド、タチウオ専用ロッドでやるのが普通です。

しかし、私の場合いろんな魚種をやるため、その度に専用タックルを揃えていたら破産してしまいます…

 

というわけで、ルアー用パックロッドを流用しているのですが、全く問題なくタチウオと対峙することが出来ています。

ドシン!と止まるキックバックも、十分にいなしてくれますし、繊細なアタリもしっかりと感じ取れます。

 

バスアングラーは手持ちのロッドで十分にチャレンジすることが出来ますよ。

おすすめアイテム

第一精工 ワニグリップエアー
 
第一精工 ワニグリップエアー

第一精工 ワニグリップエアー

2,117円(07/05 15:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

タチウオは歯が鋭いので、少しでも噛まれると流血騒ぎになってしまいます。フィッシュグリップは必携アイテムですね。

私が使用しているのは、第一精工のワニグリップエアー

サビないCFRP(カーボン繊維強化プラスチック/含有率20%)を使用したフィッシュグリップで、何よりも、重量がたったの68gということで腰からぶら下げていても全く違和感を感じません。

他のフィッシュグリップよりも確実に軽いです。

また、グリップ力も高くて一度掴んだら、タチウオが暴れません。

まとめ

以上、東京湾でのタチウオテンヤについてでした。

冬タチウオジギングで反応が得られないときに、おすすめの釣法です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

第一精工 ワニグリップエアー

第一精工 ワニグリップエアー

2,117円(07/05 15:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です