船テンヤタチウオであぶれなし!@冬の東京湾。ジギングで反応が薄いときに。

スポンサードリンク

[冬]東京湾のタチウオをテンヤタチウオで狙う!

YAMAHA シースタイル 浦賀港
 

東京湾のタチウオにハマっております。浦賀港からヤマハシースタイルのレンタルボートで出船し、狙ってきました。

(キャビンが大きめであまり釣り向きではないボートですが、空きが無かったため)

テンヤタチウオ
 

その際、ジギングだけでなく、テンヤタチウオと呼ばれる仕掛けでアプローチしました。

これが非常に良く釣れるので、ご紹介したいと思います。

「天秤仕掛けの餌釣り」もしくは「ジギング」メイン。

タチウオジギング
 

東京湾のタチウオと言えば、「天秤仕掛けの餌釣り」もしくは「ジギング」がメインです。

 

しかし大阪では、テンヤタチウオがポピュラーらしい。

テンヤタチウオは、タチウオ用のテンヤにイワシを巻きつけた仕掛けです。

 

先日、乗り合い船でジギングに行った際、ジギングでは一人1〜2本という渋い状況の中、テンヤタチウオで釣りをしていた友人が竿頭に…

というわけで、私もジギングで反応が薄いとき用に、テンヤタチウオを導入してみようと思った次第です。

ジギングに反応が無いときに

イワシを使うということで、生餌を使う釣りです。

 

しかしゲーム性はジギングに負けないというのが最大の魅力。ゆっくり巻きしてみたり、ワンピッチジャークで誘ってみたり。

誘い方によってタチウオの反応が変わってきます。

 

また、天秤を使用したエサ釣りよりも仕掛けがシンプルな分、アタリや引きもジギング同様のダイレクト感があります。

だから、ジギングが釣れない時の保険?としてめっちゃおすすめなんです。

おすすめテンヤ

ジャッカル アンチョビドラゴン

おすすめのテンヤは、ジャッカルのアンチョビドラゴンテンヤ!カラーは定番ですがピンクや、パープルがいい感じです。

重さは40号(150g)ぐらいを基準に、100gから200gぐらいまで数種類あればOKです。

ジャッカル アンチョビドラゴン
 

フックには、イワシキーパー?的なものが付いていますので、そこにイワシを刺し、付属のステンレスワイヤーでぐるぐる巻きにしてリギング。

ワイヤーはイワシのお腹にはあまり巻かないようにするのが良いらしい。知らずに全身ぐるぐる巻きにしてしまった…

 

アシストフックをつけることも出来ますが、1本針仕様でこちらから掛けていく感覚が楽しいです。

タチウオ釣りの魅力

東京湾 タチウオ
 

キックバックが病み付き

タチウオは引きがかなり独特で面白い!掛かった瞬間に、ズドンと重たくなるのですが、その瞬間が病み付きです。

タチウオは縦方向に泳ぐのですが、掛かった瞬間に下方向にバックするんです。これをキックバックと呼びます。

デコ率が少ない

東京湾 タチウオ
 

癒し系、とまではいかないものの、デコ率が低いです。

ジギングのみですとちょっと危ない時もありますが、バックアップとしてテンヤタチウオを用意しておけば、そうそうデコる事はないでしょう。

今年は浅場で釣れている

特に昨シーズンあたりから、冬のタチウオが浅場(50m〜60m)レンジでバンバン釣れて、かなり好調のようです。

通常、冬のタチウオは100mぐらいに落ちるのが普通みたいですね。

冬タチウオはサイズが良い

東京湾 冬タチウオ
 

冬タチウオは型が良いのも魅力です。高確率でいわゆる「指4本」や「指5本」サイズ、時にはメーター越えの大物も。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です