シマノ セフィア CI4+ ティップエギング S68ML-S インプレ。ピタッと収束するダブルX構造が気持ちいい。

スポンサードリンク

シマノ セフィア CI4+ ティップエギング S68ML-S インプレ

 

ティップランエギング用に購入したセフィア CI4+ ティップエギング S68ML-Sのインプレです。

6’8”シリーズの中で最も汎用性の高いアイテム。浅場から深場まで、軽めのエギから重めのエギまで、様々なシーンで活躍するバーサタイルな1本として。風が弱ければ軽めのエギをキャストしたり、深場もしくは風が強くなれば重めのエギをフルパワーでジャークしたりと対応力が高いロッドゆえ、その日の状況を素早くチェックすることにも長けたアイテムです。

公式の説明です。

SPEC

  • 長さ:6.8feet (2.03m)
  • 適合エギウエイト(g):MAX60g
  • 適合ラインPE(号):0.4~1
  • 釣種:アオリイカなど
  • 継数(本):2
  • 仕舞寸法(cm):168.4
  • 自重:95g
  • 先径:0.9mm
  • カーボン含有率:89.2

ティップランエギング専用ロッドの必要性について

 

ティップランエギングに専用ロッドは必要か??という悩みについてはこちらの記事にまとめました。

ディティール

バットジョイント仕様

 

全長:6.8フィート。バットジョイントタイプのツーピースで仕舞寸法は168.4cm。

バットジョイントということで、ツーピースロッドの中では仕舞寸法は少し長めではあります。

スミス(SMITH LTD) ワックス ロッドフェルールワックス 5g

スミス(SMITH LTD) ワックス ロッドフェルールワックス 5g

669円(10/26 21:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

継ぎ目には「ロッドフェルールワックス」を塗布しておくことをお勧めします。固着することが無くなりとても快適です。

ロゴマーク

 

ロゴマークです。バット部分にSephia CI4+ TIP EGINGのロゴ。

リアグリップには「SPIRAL X」と「HI-POWER X」のロゴです。一部の高級モデルのみ採用されている、「ダブルX構造」を搭載しています。

リールシート

 

リールシートです。素材はCI4+製で、高級感のあるツヤッツヤの塗装で仕上げられています。

カラーはダークレッド…ワインレッド?ボルドー?なんと表現したらいいのか難しいですが、深みのあるカラーですね。美しいです。

握り心地も素晴らしい仕上がりですね。

フォアグリップ

 

 

フォアグリップです。EVA製ですね。径はやや細め。

フードナット

 

フードナットは金属製。ブラックのつや消しアルマイトに切削加工が施され、赤いアクセントカラーが入っています。

ちょっとゾディアスっぽい?コスメです。

リヤグリップ

 

リヤグリップもEVA製。正直言って、あまり高級感はない感じです。

とはいえ、機能面では長さ、太さ共に適切で、エギを一日中しゃくった際に疲労感が少ない印象です。

20 セフィア リミテッド ティップエギング S610ML-S

20 セフィア リミテッド ティップエギング S610ML-S

71,601円(10/26 20:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

ここは上位モデルであるセフィア リミテッド ティップエギングと差がつけられている部分だと思います。リミテッドはカーボンモノコックグリップが採用されており、かなり高級感がある仕上げとなっているのです。

(その代わり、お値段も雲上系ですが…)

ティップ

 

ティップ部は「タフテックα」が採用されています。つまり、ソリッドティップ仕様ということですね。

白く塗装されています。ガイドスレッドはオレンジ。ティップランエギングで大切な「目感度」が向上します。

 

非常に繊細で柔らかく、良く曲がるティップです。

Xガイド搭載

 

ガイドセッティングは、「Xガイド」仕様となっています。PEラインが絡みにくいガイドセッティングです。

 

トップガイドです。「Xガイド(チタンSiC)」仕様です。

ガイドの外側に段差がなく、するりとした形状になっています。この特殊形状により、PEラインの絡みがほぼ発生しません。

 

2番目のガイドです。こちらも「Xガイド(チタンSiC)」仕様です。

全てのガイドがスルリとした段差のない形状になっており、糸絡みを防ぎます。実際に1日中エギをしゃくり続けてもPEラインの糸絡みによるトラブルはほぼ皆無、という素晴らしい使用感を誇ります。

 
 

こちらはバッドガイドです。「チタンフレームSiCリング」仕様ですね。

ちなみにガイドは全てチタン製となっており、軽量化にも寄与しています。

■Xガイド(チタンSiC)(トップ~中間)
■チタンフレームSiCリング(中間~バット部)

振り抜きは非常に軽い感覚で、エギを思い通りに操作することができますね。

番手表記

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です