ルアーロッドでイシダイ五目(船イシダイ)にチャレンジ。出来るのか?

スポンサードリンク

イシダイ五目(船イシダイ)

 

たまには普段とは趣向を変えて、イシダイ五目船にチャレンジしてみました。

磯釣りのイメージが強い「イシダイ」を、船から狙う釣り方です。

平作丸

 

神奈川県横須賀市の久里浜港に位置する、平作丸(へいさくまる)さんにお世話になりました。

仕掛け

 

出典:ダイワ

仕掛けはエサ釣りですね(^ ^)

コマセビシ(カゴ)

コマセビシ(カゴ)

 

いわゆる「コマセ釣り」で、オモリ一体型のコマセビシ(カゴ)にオキアミやアミコマセを詰めて誘うやり方です。

平作丸さんの場合、てんびん&コマセビシはレンタル、仕掛けは現地調達することが可能です。

 

自分でタックルだけを持ち込む場合、メインラインのPEラインを直接テンビンのスイベルに結束するので、リーダーの結束は不要になります。

つまり、リールにPEの3号を巻いて持っていけばOK、ということです。

タックル

本来であれば、いわゆる「船竿」と呼ばれるカテゴリーの竿でやるのが一般的ですね。ティップがめっちゃ柔らかいやつです。

今回使用するビシのおもさは80号(300g)なので、錘(オモリ)負荷が80号以上のロッドならOK。

 

また、80号(300g)のビシを餌の付け替えで頻繁に取り込むので、電動リールが快適です。

ルアーロッドでやってみた

Fishman BRIST 5.10LH+シマノ グラップラー301HG

Fishman BRIST 5.10LH+シマノ グラップラー301HG

 
JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61C + シマノ オシアコンクエスト201HG

JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61C + シマノ オシアコンクエスト201HG

 

しかし、私はいわゆる「船竿」も、「電動リール」も持っていないので、ルアーフィッシング向けのパックロッドで挑みました。

 

俺のコマセタックル

タックル1:Fishman BRIST 5.10LH + シマノ グラップラー301HG

タックル2:JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61C + シマノ オシアコンクエスト201HG

 

リールは、200〜300番台のベイトリール。私はオシアコンクエスト200と、グラップラー300を使用しました。

ジギングやタイラバでお使いのリールを流用しても良いですね。100〜150番台のバス用リールですとラインキャパが少し足りません。

 

ラインはPE3号を最低でも100mは巻いておきたいですね。メインのタナは30m〜40m程度です。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です