TSURI HACKさんコラボでタチウオジギング@太田屋。ジグのフックセッティング考察。

スポンサードリンク

タチウオジギング@太田屋(金沢八景)

 

ikahimeソルト部!という事で、念願のタチウオジギングに行ってきました。

金沢八景にあります、太田屋さんから出船です。

この日は、なんと日本最大級の釣りメディア、TSURI HACK編集部のみなさんと同船釣行です👍

釣果はボチボチ

エッ、こんだけ??(つд⊂)ゴシゴシゴシ  (;゚ Д゚) …!?

エッ、こんだけ??(つд⊂)ゴシゴシゴシ  (;゚ Д゚) …!?

 

結論から言ってこの日はあまり反応は良くなく…一人2〜3本でした。

一応オカズをGET出来るぐらいの反応はありましたが、まあボチボチと言ったところ。

勝手にタチウオは「癒し系」だと思っていたのですが全然甘くねえ(笑)

竿頭はテンヤで13本!

 

この日は、ジギングには正直、あまり反応が良くありませんでした。

 

しかし、同船した友人はテンヤのスロー巻きで13本もの釣果をあげていました。

着底後、超ゆっくり巻きで10m程度タダ巻きで誘うとアタリがあったので、アタリの強弱によって即合わせたり、食わせの間を作ったりしてバイトを得た、とのことでした。

船長からの情報で、タチウオがボトムにべったりということだったのでテンヤで底付近を丁寧に狙ったとのこと。

 

ふう、なるほど。次回から全員テンヤを持ち込むことは間違いありません(笑)

凪(なぎ)@関内でタチウオ宴会

関連ランキング:居酒屋 | 関内駅日ノ出町駅伊勢佐木長者町駅

 

 

終了後は、関内の居酒屋、ジャパニーズダイニング 凪(なぎ)に釣ったタチウオを持ち込み、TSURI HACK編集部の皆様と宴会!を行いました。

凪(なぎ)は店員さんが仕入れのためにジギングに行くほど釣り好きの集まる居酒屋さんで、近海で上がった魚をクーラーボックスに入れて持ち込むと調理してくれるという素晴らしいサービスがあります。

当たり前ですが、やっぱりプロに調理してもらうと、圧倒的に美味いですよね。

ちなみに、冬タチウオは昇天しそうになるほど美味いです。脂が乗っていて皮も身もウルトラ美味い。

 

正直言って、今までの釣りモノの中で一番美味かったかもしれないですね。これはハマりそうだぞ…

 

(あまりに美味すぎて、写真は撮り忘れたぞ。炙り刺しと、塩焼きで食いました。)

TSURI HACKさん

 

TSURI HACKさんとの宴会の方も、めっちゃ楽しかったです。

もちろん、メディア的には検索上位を取り合うライバルであります。(個人メディアには勝ち目は無いですが汗)

でも、釣りメディアを運営する者同士、話が弾まないわけが無いですよね。

 

TSURI HACKさん、釣り好きなら誰しもがご存知のメディアですので、改めて私のブログでご紹介するまでも無いですが…

正直言って、少し前までは、いわゆる「まとめ系メディア」だと思っていました(超失礼すいません。)

しかし、実際に記事を読んでみると、ぜんぜんそうじゃない。

 

TSURI HACK社員さんの[個人の釣行記]を前面に出した記事や、有名YouTuberさんやプロの釣り師などの記事が盛りだくさん。

これは方針としてそういう形で発信をしていく、と決めているそうで、ますます個人メディアが勝ち目ない領域に入っています(笑)

 

マジでめっちゃ面白い&有益な記事がたくさんなのでぜひチェックしてみてください。

中の人達と知り合いになったから忖度している訳ではないです(笑)

 

TSURI HACKさんとのコラボ記事なども今後、やっていく…かもしれないです笑

タックル

 

この日のタックルは、いつものパックロッドスタイルで。ジェットセッター×ツララの61Cと、オシアコンクエスト201HG

キャスティングなら50gぐらいのルアーウェイトがMAXですが、バーチカルなジギングでしたら、〜200g程度のジグも全く問題ないです。

 

パックロッドでソルト、もっと流行らせたいですね!行き帰りの荷物もスマートになりますし、他の釣り(主にキャスティング)にも使えるのでかなり幅が広いです。

ラインセッティング

ラインセッティングは、メインラインはPE1号。

定評のあるよつあみ(YGK) ライン G-soul スーパージグマンX4の1号をチョイス。基本的には各船宿で指定があるので、それに合わせたポンド数にします。

それにヴァリヴァスショックリーダー(フロロ)25lbをヒトヒロ、その先に同50lbを50㎝〜60cmほどセッティング。

メインラインのPEと25lbリーダーの結束は堀田式FGノット、25lbと50lbのフロロ同士は電車結びorオルブライトノットです。

 

フロロ同士の結束は、電車結びだと50lbの方の結び目が綺麗にならないので、太糸と細糸を結束するのに向いたオルブライトノットの方が結び目が綺麗になりますね。

なお、面倒ならPE1号+フロロ50lbをFGノットで結束するのみでもOKです。

ジグについて

 

ジグは、ジャッカルのアンチョビメタルTYPE1〜TYPE2を使用。

ダイワ 鏡牙 フックSS ツインアシスト 3/0

ダイワ 鏡牙 フックSS ツインアシスト 3/0

484円(09/29 19:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

タチウオジギングのフックは、刺さりの良い専用バーブレスフックを使用するのが一般的です。

フロントフックはフォール時の姿勢を考慮し、シングルフック×2。ダイワのキョウガの#3/0を使用しました。

リアフックは喰いにきた奴をしっかり絡め取るスタイルで、ヴァンフックのサーベルフッカー(M)を装着。

いずれも、定番と言える製品です。

 

フロントフック側は、スナップにフロントフックとジグを装着し、フロントフックを使いまわせる感じにすると便利です。

また、ラインへの結束部分はローリングスイベル+スナップとすることでラインヨレを防止しました。

あくまで一例ではありますが、私のセッティングはこんな感じです。

 

迷うのが、スイベルやスナップ、スプリットリングそれぞれのサイズです。個人的には50lb程度の表記のものであれば、問題なく使用できるように思います。

あとはジグに取り付けてみて違和感のないサイズ感を選ぶのもポイントです。

 

ジギングのフックセッティングについては、正解は無いので色々模索するしかありません。

まとめ

以上、タチウオジギング@太田屋 TSURI HACKさんとのコラボ釣行でした。

しつこいようですが、冬タチウオはまじで尋常じゃなく美味いのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

TSURI HACK BASSを見てみる

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です