ティップランエギングはバスロッドで代用可能か。[私が専用ロッドを購入した理由]

スポンサードリンク

ティップランエギングとは

ボートでやるエギング

 

今秋は初めてのイカ釣りに挑戦しました。いわゆる「エギング」ですね。エギングは大きく分けて、オカッパリとボートの釣りで細分化されます。

そのうちボートでやるエギングを「ティップランエギング」と呼びます。(「ティップエギング」「ティップラン」などとも。)

狙いは、アオリイカ。食味が良く、割とどこにでも居るので釣りやすい。

 

個人的にはボートの釣りが好きなので、葉山港から出航しティップランエギングに行ってきました。

専用ロッド

 

その際にめちゃくちゃ悩んだのが、専用ロッドの必要性についてです。

結論から言って、専用ロッドを購入しました。購入したのは、シマノのセフィア CI4+ ティップエギング S68ML-Sです。まあまあ良いお値段する、ミドルクラスのロッドです。

もっとも汎用性の高いスタンダードナンバーで、バスロッドで言えば266Lみたいなイメージですね。

購入するに至った思考をメモしておきます。

バスロッドで出来なくはない

 

個人的な印象としては、ティップランはバスロッド(スピニング)で代用は十分に可能です。

 

ティップランエギングでは、だいたい20g〜60g程度のエギを扱います。

バス用スピニングロッドでそんな重ためのルアーを背負えるのか?と心配になりますが、バーチカルに扱うだけなので、実はかなり柔らかめのロッドでもイケます。

 

そして、そもそもティップラン専用ロッドも、ティップが極めて柔らかいテーパーです。

だいたいイメージとしてはバスロッドのULクラス、もしくはXULクラスのソリッドティップロッドが非常に近いです。

 

で、あとはエギロッドの謳い文句として「しっかりとイカを寄せれるバットパワー」があると良いらしいのですが。

スピニングのバスロッドってULクラスぐらいでもしっかりとしたバットパワーが備わっているものがほとんどなので、イカの引きに全く問題なく対応することが出来ます。

 

つまり何が言いたいかと言うと「代用出来る」と言うことです。

ティップランエギングはバスロッド?専用ロッド?

専用ロッドを購入

 

バスロッドで十分に代用可能なのですが、結局私は専用ロッドを購入してしまいました。

 

え、代用出来るんじゃなかったのかよ。と思いますよね。

でも、やっぱり専用ロッドを使ってみて見えてきたメリットもありましたのでそれを共有します。

 

それらが必要そうだ、と思うなら専用ロッドを。

いや、とりあえず必要ないや、と思うならバスロッドを流用すると良いかと思います。

アタリの感知能力UP

 

ティップランをお勉強していると、「目感度」と「手感度」というキーワードが度々登場します。

ティップを目で見て、アタリを検知するのが非常に大切になる釣りです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です