2018年バス釣り業界10大ニュース。

スポンサードリンク

年末という事で、2018年バス釣り業界を盛り上げたトップニュースをまとめました。

ゆく年くる年的な感じです。

 

バンタムMGL旋風

 

まずは道具ネタ。シマノ バンタムMGLのリリース。

既存のリール達とは一線を画す、シマノ入魂の本気系フルメタルリールという事で、非常に話題に上ることが多かったように思います。

「勝手に2018リールオブザイヤー」と呼んでおきますw

(個人的にはなぜかまだ購入していませんが..ビッグウェーブに乗り遅れた感ハンパないですが、そのうち買おう)

藤田京弥氏の台頭

スーパールーキー、藤田京弥氏の台頭。

若干22歳という若さで、ジャパンスーパーバスクラシック優勝、JBマスターズA.O.Yという偉業を成し遂げました。

「ポスト青木大介」とか「10年にひとりの逸材」と呼ばれている藤田京弥選手、ほんとハンパないっす。

北大祐氏 ペイフォワード設立

北大祐氏のブランド、ペイフォワードの設立。

近々第一弾ルアーであるクランクベイト「ワンエイト」をリリース予定という事で非常に楽しみであります。

バサーオールスタークラシック 小森嗣彦氏優勝

 

今年のバサーオールスタークラシックは小森嗣彦氏の優勝で幕を閉じました。やっぱり強い!小森氏。

ちなみにメインはレッグワームリグ..ではなく、モコリークローのテキサスと、カリフォルニアロールのカバーネコリグがメインだったそうな。

清水盛三氏プロ バスマスターエリートシリーズ引退

 

モリゾー氏のバスマスターエリートシリーズへの参戦の引退。

野性味あふれるモリゾー氏の釣りはいつ見ても元気をもらえますよね。

H-1津久井湖戦で韓流ルアーの台頭

H-1 GPX開幕戦での北大祐氏のウィニングルアーである、カンベイツのブラスト。

韓国ルアーブランドであるカンベイツのスピナーベイト…

正直なかなか韓国のルアーメーカーの情報まで入ってこないですよね。プロならではのルアーチョイスに大変驚きました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です