Jeepラングラー(JK)のタイヤをTOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17に交換。レビュー。

スポンサードリンク

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17

JKラングラータイヤ交換

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17
 

JKラングラーのタイヤを交換しました。ラングラーは2014年に新車購入し7年目に突入しています。

good year wrangler
 

最初から履いていたタイヤ(good year wrangler)をツルツルになるまで履き潰しました。

本来であればもっと早い交換が望まれると思います…だいたい5年ぐらいですかね。よく7年も持ってくれたなあ。

さすがに7年目ともなるとだいぶ山が減ってきて、だましだまし純正タイヤを履いていたのです。でも見た目もボロくなってきた。そこで3回目の車検を目前に控えた今、履き替えることに。

 TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T 285/70R17

 TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T 285/70R17
 




タイヤサイズ タイヤ
外径
(mm)
タイヤ
総幅
(mm)
標準
リム幅
(インチ)
適用
リム幅
(インチ)
17 70 LT285/70R17 116/113Q 832 292 8 1/2  7 1/2~9 1/2 

チョイスしたのは、TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T。ホワイトレターが素敵なタイヤです。

楽天ポイントを投下したかったので楽天で購入し、ディーラーさんへ直送。(事前に許可を得ました)

一本2万2500円(税込)、背面タイヤ同時交換なので5本購入。

 

R/Tは「ラギッドテレーン」の略で、TOYOさんが作った言葉です。A/T(オールテレーン)とM/T(マッドテレーン)の良いとこどり、みたいなイメージですね。

「マッドテレーンみたいにゴツゴツしたカッコいいタイヤを履きたいけど、オンロードでの快適性を失いたくない。」というユーザーに向けたタイヤだと思います。

 

このタイヤを選んだ理由や、JKラングラーに組み合わせた際のルックスなどをお伝えしていきます。

サイズ

 TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T 285/70R17 サイズ
 

ちょっとだけ純正より大きい、285/70R17をチョイス。(純正は245/75R17)

幅が245mm→285mmで40mmUP、タイヤ外径(高さ)が800mm→832mmで32mmUPとなります。

 

ラングラーはホイールハウスの隙間が大きいので、ちょっと大きめのタイヤがリフトアップなしで履けちゃうんですね。

太くてデカイタイヤが似合いますので、出来るだけ大きくしたいですよね。でも、燃費や操安性も犠牲にしたくない。

 

これ以上太いタイヤですと、ほんの少しフェンダーからはみ出しちゃう。ディーラーさんで合法的に?タイヤ交換できるのはこのサイズ(285/70/17)までだそう。

 

その辺のバランスが取れたサイズが285/70R17ってわけです。

純正 GOOD YEAR WRANGLER 245/75R17

JKラングラー スポーツ 純正 GOOD YEAR WRANGLER 245/75R17
 

純正タイヤはGOOD YEAR WRANGLERの245/75R17ですね。

JKラングラー スポーツ 純正 GOOD YEAR WRANGLER 245/75R17
 

こちらも純正タイヤらしく良いタイヤでした。ほとんどネガはないかな。1回右後輪がパンクしたのみで耐久性も高いと思います。なにより7年持ってくれたしね。今までありがとう。

ただしサイズもあってか、やや貧相に見えてしまうのが弱点です。

TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T レビュー

走行性能

TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 走行性能
 

変な癖が一切なく、良いタイヤですね。純正と比べてロードノイズも増えません。走り出してタイヤが数回転する間だけほんのわずかにゴロゴロした感じがあるかも?といった程度。

それでいてタイヤパターンはマッドテレーンっぽい深い溝があってラングラーに良く似合います。

ただしタイヤサイズを大きくしたので、少しだけ加速はもっさりしたかも。でもこれはサイズの問題です。

見た目の迫力

TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 見た目の迫力
 

見た目の迫力はそこまで無いかな。というのが第一印象。

タイヤサイズUPしたので、少し迫力UPするかな?と思ってたのですが意外とそうでもなかった(笑)

サイドウォールもおとなしいデザインですしね。

JKラングラー + BFグッドリッチ KO2(オールテレーン)
 

出典:タイガーオート

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です