釣り場を人に教えるという事に関するメモ。ただしメジャーポイント以外の話。

スポンサードリンク

とてもよく釣れる場所(ポイント)を友達に教えたら、みんなに広まって釣り場がつぶれた。そんな話を良く聞きます。

果たして、誰にも教えない事が本当に得策なのか。

人に釣り場を教える事について、その是非を考察します。

人に釣り場(ポイント)を教えない、という判断は正しい。

 

「自分だけの爆釣ポイント」を知っていて、その場所を教えて欲しいと言われた。そんなとき、どう対応しますか?

賢明な釣り人なら、安易にポイントを教えない、という判断をしますよね。

 

誰か一人に教えたつもりでも、友人から友人へ、芋づる式に情報が伝わります。

結果、ゴミを捨てたり、違法駐車したりする不届き者にも知れ渡り、釣り場が潰れる。

 

こうした話は、釣りにまつわるよくある話として耳に入ります。

初心者にとってますます敷居の高いスポーツになる

 

しかし頑なにポイントを教えない釣り人がほとんどだと、ひとつ懸念があります。

ただでさえ新規参入が難しいスポーツである釣りが、さらに敷居の高いモノになってしまうという点です。

また、場所を聞いたら嫌な顔をされた、とか冷たくあしらわれた、となると、さらにやる気が無くなってしまうかもしれません。

ポイントを気軽に聞いてくるアングラー

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です