【釣りウマ】釣りがうまい人の特徴6選

スポンサードリンク

釣り凡人から見た、釣りが上手い人の特徴をまとめました。

目が良い

 

釣りが上手い人は例外なく、サイトで魚を見つけるのが非常に上手です。

「サイト目」がイイ人が多いです。水中にたたずむバスの見え方をよく知っているのでしょう。

カバーに隠れたほんのわずかな尾びれも見逃しません。

そして、バスに気づかれるよりも先にバスを見つける事が出来るのが釣りウマの条件です。

立ち回りが上手い

 

釣りウマ達は立ち回りがスムーズです。

湖上で過ごす一日のうち、どのエリアでどれだけ過ごすか。その時間配分を的確にやってのけます。

いわゆる「ジャンクフィッシング」をしている時間を可能な限り短くして、釣れるエリアに早くたどり着く。

バス釣りに大切な要素順は 場所>タイミング>メソッド>ルアーの種類>ルアーの色 だと思っているのですが、最も大切な要素である「場所」選びが上手だと釣果に直結します。

釣れない場所を短時間で見切る才能に長けている、とも言えますね。(私はだらだらしちゃいますw)

人がやらないところをやる

凡人がやり切れないハードカバーや、フル遠投でギリギリ届くかどうかといった対岸など、え?そこやるの?的なところで釣果を上げるのが釣りウマです。

人がやらないところには魚が居るという事を本能的に知っているのでしょう。

バスが居る場所に、的確にルアーを届ける。そんな当たり前とも思える行為を確実にこなします。

所作がきれい

ノットを作る仕草、キャストのフォームなど釣りの動作ひとつひとつが美しくカッコイイのが釣りウマです。

バスの扱いが丁寧

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です