ワーム色移り考。アンバーとか赤以外はごちゃまぜOK。

スポンサードリンク

ワームの色移りについて、移りにくいモノと移りやすいモノがあります。

ワーム収納時の色移りについて、注意点をシェアします。

気になるワームの色移り。

使用済みワームを一括で同じ部屋に放り込んでいる私が感じた、色移りしやすいワームとしにくいワームをまとめてみました。

なお、責任は取りかねますw

色移りしないメーカー

O.S.P、JACKALL、DSTYLE、reins、このあたりのメーカーのワームは、濃色ならほとんど色移りしません。

一緒に入れちゃって大丈夫です。

色移りしないカラー

ぐちゃぐちゃ失礼しますw

整理出来てない感満載ですが、一応言い訳しておくと、結構使いこんだワームを一時的にストックしておくケースなのでざっくり入れてますw

 

上述したメーカー以外のモノでも、グリパン、エビミソ、ギル、ブルーブラックといった濃い目なカラー同士ならほとんど色移りしません。

厳密にいうと多少色移りしていててもダーク系はわかりにくい、という事もあるのかもしれませんね。

色移りするカラー

白系やシルバーなど淡い色は、周りのワームの色を吸収して染まってしまいます。

写真はサワムラのワンナップシャッド。

上が元の色で、下がグリパンチューンw

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • 初めまして、ブログ拝見させて頂きました。
    私は霞水系でのレンタルボートとオカッパリで釣りをしています。
    最近バス釣りのブログを読むようになりましたが、色々観たものの、ん?え?となる様な内容ばかりでした、あくまでも個人の感想ですが。
    イカさんのブログを見たのは今日なのですが、過去記事の霞の風裏より風当たる側の記事拝見しました、全く同感です、とても面白い内容の記事が多く楽しく拝見させて頂きます。

    • コメントありがとうございます!お褒めいただきありがとうございます、しかしながらまだまだ稚拙な分析ですので、より有益な事が書けるように精進します★

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です