シマノ「クラドK」がUSシマノHPでシレっと発表。MMギア搭載は正解か。不正解か。

スポンサードリンク

USシマノからクラドの後継モデルである「クラドK」が発表され話題を集めています。

そこで改めてクラドってどんなリールだっけ?ってとこからご紹介するとともに、クラドKのスペックをまとめてみます。

SHIMANO クラド

 

ギア比:6.3

  • 最大ドラグ力:53.9N/5.5kg
  • 自重:210g
  • スプール寸法:34/25mm
  • ナイロン糸巻量(lb-m):12-165/14-145/16-120/20-100
  • 最大巻上長:67cm(ハンドル1回転あたり)
  • ハンドル長:42mm

  • ベアリング数(S A-RB/ボール/ローラー):3/2/1
  • HGNボディ
  • X-SHIP
  • S3D設計
  • S A-RB
  • SVSインフィニティ
  • エスケープハッチ
  • スーパーフリースプール

SHIMANOの、どちらかというと低価格帯を支えるリールです。

量販店での実売価格は1万6千円から1万9千円ぐらい。

 

’14スコーピオンベースのアルミボディと真鍮ギア仕様。

210gとやや重たいものの、強い巻き剛性や、長期間使用しても歪みが少ない、安価ながらタフネスなモデルとして人気です。

 

「世界中の本格派アングラーにおくるグローバルモデル」と銘打っており、バスフィッシングだけでなくソルトウォーターでの使用も想定。

そのため、200番台のボディと12lb-165mのラインキャパシティなど、やや国内バスフィールドでは大きめ、なところもあります。

 

また、「PG(パワーギア)」と呼ばれるSHIMANO随一のローギアモデル(5.5)をラインナップ。

大型の巻き物やビッグベイト、マグナムクランク等を扱うのに適しています。

 

クラドK

 

そんなクラドの後継モデルである、「クラドK」。

どんなところが変わったのか、USシマノのホームページを確認してみたいと思います。

マイクロモジュールギア搭載

 

多分最大のウリは、マイクロモジュールギアの搭載でしょう。

非搭載機と比較すると、ヌメヌメなウルトラスムースな巻き心地、なマイクロモジュールギア。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です