デカイ!マグナムクランク!まとめ。

スポンサードリンク

昨今、話題のマグナムクランク。

ビッグクランクベイトなどとも呼ばれ、琵琶湖などの大型フィールドでの爆発力のある釣果情報が報告されています。

そんなマグナムクランク達をまとめてみました。

ストライクキング 10XD

 
length  150mm
weight  56.0g
 潜行深度  7.5m(25ft)

老舗、米ストライクキングからは、10XDマグナムディープクランクです。

自重、56g(2oz)。潜行深度は、14lbフロロで約7.5m。

 

軽やかとはいえないものの、そのバカデカイ体躯、リップから想像するよりははるかに軽い巻き抵抗に驚かされます。

重心移動システムによって圧倒的な飛距離を実現。

 

これまでハードベイトで攻め切れなかった未到達ディープエリアを、普通にキャストして普通にリトリーブしてくるだけでなんなく攻略する、最強のディープクランク。

ストライクキング8XD

Strike King 8XD

Strike King 8XD

 

出典:outdoorproshop.com

length  140mm
weight 1.3oz
 潜行深度  6m(20ft)

10XDの弟分、8XD

XDは、『Extra Deep』の略で、こいつも潜行深度6mと、深海を攻略可能。

10XDよりもやや小ぶりなサイズながら、それでも140mmとクランクベイトの中では最も大きな部類に入ります。

10XDとローテーションしてみてはいかがでしょうか。

ノリーズ ショットオーバー7

 
length  96mm
weight 55g
 潜行深度  7m(14lb)

ロングキャストで7.5m、ドラッギングなら何と11mという脅威のサブマリン性能を誇る、ノリーズショットオーバー7

最大のライバル、10XDと同じく、重心移動システムを搭載し、圧巻の重量と相まってハンパじゃなくかっとびます。

ゴトゴトと鈍い低音を発するラトルを搭載し、ディープエリアのデカバスを狂わせる、国産最強ディープクランク。

 

それまで一部のマニアのみに許されていた?10XDによるスーパーディープ攻略メソッド。

それを、国産メーカーが販売することによって、その市民権を獲得することに、成功?させたマグナムクランク界の功労者。

 

私が持っているぐらいですから、その功績は大きいと思いますw

ノリーズ ショットストーミーマグナム

 
LENGTH 102mm
WEIGHT 46g

ノリーズショットストーミーマグナム「嵐」のネーミングは、激しいアクションを表しているのではありません。

嵐の後のリザーバーで、濁りが強く入った状況でその真価を発揮する、このルアーの出しどころを表しています。

 

大きなボディとは裏腹にマイルドな引き抵抗で投げ倒しても疲労が少なく、さらりと泳ぐ「嵐」です。

早巻きすると適度にチドるのが特徴で、最大のライバルであるSKTマグナムと全く方向性の違うアクションを見せてくれます。

 

国産勢の良いところは、最初から高品位なRYUGI製のピアストレブルを装備している為、フック交換の手間がありません。

deps EVOKE4.0

 

 

ストロングフィッシャーマン、キムケンのマグナムクランク、EVOKE4.0

高品位なフック、RYUGI・ピアストレブル ブルータル TCコート #1/0が標準装備であるのが嬉しいところ。

 

キムケンの超人気っぷりにより、常に品薄状態で非常に入手しにくいのが玉に瑕。

私は運よく入手出来ましたが、店頭で見かけたらリアクションバイトするのが正解です。希少性の高いマグナムクランク。

O.S.P BLITZ MAGNUM MR

 
length  90mm
weight  45.0g
価格  ¥2,000(税抜)

O.S.Pからリリースされた、ブリッツマグナムMR。

巨大なクランクベイトながら、不思議とさらりとした巻き抵抗は、マグナムクランク界の中でも随一の使いやすさを誇ります。

45gというやや控えめな自重も合わさり、様々なタックルへの適応度も高いですね。

ロングキャスト性能や、キビキビとしたレスポンスもO.S.Pルアーらしく高次元にまとまっています。

ラッキークラフト SKTマグナム105MR

 
length  105mm
weight  41.0g(1 1/2oz)
価格  ¥1,999(税抜)


兄貴分の110と比較するとやや小型の41gのボディを持つ、SKTマグナム105MR。110よりも対応するタックルの幅が広く、潜行深度も110より控えめ。

アクションはロール主体のブリブリの高アピール系。激濁り時にその真価を発揮してくれるはずです。

また、お求め安い価格も魅力の一つ。こちらもフックは交換しておきたいところ。

ラッキークラフト SKTマグナム110MR

length  110mm
weight  56.0g
価格  ¥1,999(税抜)

マグナムクランクの代名詞的存在、SKTマグナム。弟分の105MRと、兄貴分の110MR。

すべてのマグナムクランクにいえることですが、出しどころの見極めが難しいです。

しかし極めて強いだけにハマれば爆発力はハンパない?そう。

お世辞にも品質が良いとは言えない純正フックは交換必須で、リューギのピアストレブルがおすすめ。

フックサイズは、ほぼ同じサイズのショットストーミーマグナムが、#1なので、掛重視なら#1/0、スナッグレス性能が欲しければ#1、ぐらいですね。

 

ラッキークラフト SKTマグナム120DR

 

length  120mm
weight  91.0g
 潜行深度  8m
価格  ¥1,999(税抜)

SKTマグナムシリーズのディープレンジを担うSKTマグナムDR。

大型のリップで、潜行深度は8mを誇ります。自重は91gと、ここで紹介した中でも最もヘビー級。

人に獲れない自分だけの魚を狙うのに最適。

前人未到の!?ディープエリア攻略を楽しみましょう。

ラッキークラフト「Fat CB B.D.S. 6」。

Fat CB B.D.S. 6

Fat CB B.D.S. 6

 

出典:luckycraft.com

length 3-3/4″(95mm)
weight 1-13/64oz(34.0g)
潜行深度 5.0ft(1.5m)
価格  ¥1,399(税抜)

上述したマグナムクランク達よりも一回り小さい、FAT B.D.S.6。

とはいえ95mmというボディは充分デカイし、迫力満点。

クランクベイトとしては規格外の大きさであることには変わりありません。

マグナムクランクローテーションして良い魚をGETしたいところです。

gritdesign × WooDream/ウッドリーム MAGNUM TO GUN CRANK/マグナムトゥーガンクランク

WooDream/ウッドリーム MAGNUM TO GUN CRANK/マグナムトゥーガンクランク

gritdesign × WooDream/ウッドリーム MAGNUM TO GUN CRANK/マグナムトゥーガンクランク

出典:gritdesign
 
length 110mm
weight 40g
潜行深度 フロロ16LBで約2m
価格  ¥5,400(税込)

Length:110mm Weight:40g フックサイズ:#2 フロロ16LBで約2m潜行

こちらはハンドメイドのウッド製マグナムクランク。美しいカラーリング、造形が最大の魅力。

琵琶湖のウィードエリアを攻略するために生み出された、オリジナルの’トゥーガンクランク’のサイズアップモデル。

マグナムクランク界随一の美しさ。

デュエル xxクランク4+

デュエル xxクランク4+

デュエル xxクランク4+

 
length 75mm
weight 23g
潜行深度 4.2m
価格 ¥1,333(税込)

 

マグナムクランクというよりは、古くからあるディープクランクというカテゴリーが正しい気がします。

「ダブルエックスクランクフォープラス」という仰々しいネーミング。

マグネット式の重心移動システムを搭載し、抜群の飛距離と泳ぎの良さを両立。

その存在はさほどメジャーではありませんが、通好みなディープクランクとして人気があり、その泳ぎのよさにファンが多いそう。

マグナムクランクタックル

 

私のマグナムクランクタックルは、ノースフォークコンポジットのACR73MH+シマノバンタムMGLのPG(パワーギア)の組み合わせで投げています。

マグナムクランクは尋常じゃないぐらい引き抵抗が強いので、MH〜H程度のパワーと、ある程度柔軟性のあるグラスコンポジットロッドじゃないと、とてもじゃないけど巻き倒せません。

7ft超えのロングロッドでありながら、自重は120gちょっとという驚異的なスペックを誇るACR73MHはマグナムクランクが超気持ちいい。(憧れのハイエンドをついに購入してしまいました。完全に身の丈知らずなタックルですw)

そしてパワーギアであることが絶対条件。正直、初めてパワーギア使った時はあまりの巻き取りスピードの遅さに違和感バリバリでしたが、その代わり尋常じゃないぐらいのトルクフルな巻き取りが可能になっているため、マグナムクランクなどの重量級巻物に関しては、もうこれじゃないと巻きたくないぐらいマッチしてくれます。

 

スタジオコンポジットの屈強なカーボンハンドル、RC-SC EX 88 【山田祐五 限定モデル】もポイントです。

正直、使いこなせていないんですが、一応ご紹介しておきますねw

まとめ

琵琶湖をはじめとした西日本での釣果情報をよく耳にするマグナムクランク。

関東エリア在住バサーとしては、関東エリアでの実績を作るべく、奮闘してみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です