アブガルシア【ロキサーニ】シリーズ。バスフィッシングをよりカッコよく、身近にしてくれる(確信)

スポンサードリンク

アブガルシアの新シリーズ、ROXANI[ロキサーニ]。

「レボ」の血統を引き継いだ大注目のミドルクラスで、今春発売予定の期待の新星です。

実売2万円を切る、超コスパリール達を「レボユーザー目線」で見てきました。

アブガルシア ROXANI【ロキサーニ】

アブガルシアといえば、「レボ」シリーズですが、新たなベーシックラインである、「ROXANI【ロキサーニ】」シリーズが今春誕生します。

・標準モデルの【ロキサーニ8】(ギア比違いでロキサーニ7)

・ベイトフィネスモデルの【ロキサーニBF8】

・パワーモデルの【ロキサーニ パワーシューター】

の3ラインナップ。

スペックリスト

製品名 自重(g) ギア比 ブレーキ 最大ドラグ 最大巻取 スプール径 ハンドル ラインキャパ/ ベアリング 税別価格
ロキサーニ8  同8-L 187g(予定) 8.1:1 IB-X 5.5kg 83cm 33mm 85mmカーボン 14lb/130m 4/1 19,000円
ロキサーニ7  同7-L 187g(予定) 7.3:1 IB-X 5.5kg 33mm 85mmカーボン 14lb/130m 4/1 19,000円
ロキサーニ パワーシューター 241g(予定) 8.0:1 IBインフィニブレーキ 7kg 88cm 35mm 95mmカーボン 20lb/100m 4/1 20,000円
ロキサーニBF8 185g(予定) 8.0:1 MAGTRAX-X 5.5kg 83cm 33mm 85mmカーボン 8Lb/100m 4/1 19,000円

出典:ルアーニュースR

 

いずれも定価2万円前後で、おそらく販売価格は1万円台後半と非常にリーズナブルながら、優れたデザインと高いコスパを実現。

「ミドルクラス」の革命かもしれません。

 

じっくり見てきたので、ご紹介いたします(‘ω’)ノ

ロキサーニ8

 

出典:釣りplus (標準モデルのみ写真を撮り忘れたので、釣りPLUS様からお借りしています)

標準モデルのロキサーニ8。[レボの血統]を色濃く反映したデザインに仕上がっています。

落ち着いた黒系のカラーリングとカーボンハンドルがカッコいい♪

ロキサーニ BF8

マットブラックのシブい塗装がイケてる、ロキサーニBF8。

安価なベイトフィネス機

「ハイバリューベイトフィネス」のキャッチコピーの通り、とにかく安い。ここまで安価なベイトフィネス機は、シマノ&ダイワには存在しませんよね。

これまでアブガルシアのベイトフィネス入門機の位置にいた、レボLT7が¥25,000なので、「ベイトフィネス」がさらに身近なモノになりそうです。

カーボンハンドル

特筆すべきは、この価格でカーボンハンドルを標準装備!

社外品カーボンハンドル泣かせですねw

特徴

185gと、BF機としてはやや重ためですが、価格を考えれば健闘していると思います。

 

スプール径は33㎜、ラインキャパは8lb-100mとBF機としてはやや深めのスプールを採用。

32mm径を採用している他社製BFリールと比べ、やや重ためのルアーがドンピシャの設計かも。なので、「純ベイトフィネス機」とは少し狙いが違うのかもしれません。

 

ロキサーニ パワーシューター

どことなく、レボシリーズのビッグシューターコンパクトを彷彿とさせる、ロキサーニ パワーシューター。

こちらも定価2万円と非常にお手頃価格です。

 

ビッグシューターコンパクトからのコストダウンポイント

・ボールベアリング数が4つ(ビッグシューターコンパクトは7つ)

・ビッグシューターコンパクトと比べスタードラグの質感などはやや劣る

・クラッチレバーなども簡素なモノ

 

しかしハンドルやEVAノブの質感はほぼ同じでしたし、ラインキャパや最大ドラグ力などの実用的な面から考えれば、なんら遜色は無いように見受けられました。

まとめ

ハイバリューでバスフィッシングをよりカッコよく、身近にしてくれるであろう「ロキサーニ」シリーズ。

発売は、2018年春を予定しているそうです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー