レンタルボート二人乗り。うしろの人が気を付けるべきこと

スポンサードリンク

楽しいレンタルボート二人乗り。

プロバックシーター!?である私が、バックシートでの過ごし方を指南いたします。

いつも楽しんでいるレンタルボート二人乗り。

結構バックシートに乗る機会が多いので、バックシーター目線でレンタルボート二人乗りを快適に過ごすコツをまとめてみました。

(誰得感溢れますが…)

ラダーの脱着係

 

バックシーターの大切な役割の一つ、ラダーの着脱。

桟橋に後ろから付けるボート屋さんと、頭から付けるボート屋さん半々ぐらいですが、後ろから付ける桟橋ではボートラダーが桟橋に当たります。

離岸・着岸時にスムースになるよう、ラダーの着脱を率先して実施します。

なお、落下には細心の注意を払います。

ロッドの守護神

常にロッドティップがボートの中に入っている事を確認します。

特に狭いバックウォーターなどでは、低く垂れた木の枝などにロッドティップが絡む事故も起こりがち。

バックシーターがロッドの安全を守ることにより、船長は安心して操船に集中することが出来ます。

また、離岸着岸時も隣のボートと自分のボートの間にロッドティップが挟まれぬよう気を配ります。

真ん中に乗る

移動中は出来るだけ真ん中に乗るようにします。(進行方向に対しての真ん中です)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です