バス釣り用おすすめメジャー厳選2選。オカッパリとボートでのそれぞれの選び方。

スポンサードリンク

バス釣り用メジャーの種類

まずはバス釣り用のメジャーの種類について。大別すると4種類あります。

それぞれメリット、デメリットをご紹介していきます。

巻き取りタイプ(細いタイプ)

第一精工 ノギスケール125 イエロー

第一精工 ノギスケール125 イエロー

2,037円(07/05 01:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずは幅が細いタイプの巻き取り型メジャー。メリットは、何と言っても軽量、そしてコンパクトに収納できること。

多くの製品がターポリンと呼ばれる軟質素材で構成されています。

デメリットは、地面に直置きした際に、魚体への保護性能が無いのと、魚体でメモリが隠れてしまうことです。

巻き取りタイプ(太いタイプ)

幅が太いタイプの巻き取り型メジャー。幅が細いタイプと同様に、ターポリン素材でぐるぐる巻いて収納可能です。

当然、細いタイプよりもかさばりますが、魚体の保護性能が高いのがメリットですね。

 

細いタイプ、太いタイプに共通するデメリットとしては、折りたたまれた癖がついていて正確に計測出来なかったり、斜めに計測してしまったりすることがあります。

トレー形式

ダイワ(DAIWA) メジャー ランカースケール 031189

ダイワ(DAIWA) メジャー ランカースケール 031189

3,619円(07/05 01:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

プラスチックや金属製のトレー形式。

当然かさばりますが、メジャータイプに比べてより正確に計測することが可能です。

口当て部分の設計の自由度が上がるのもメリットですね。

デジタルメジャー

ドレス(DRESS) ラバーキーホルダーW 爆釣メジャー

ドレス(DRESS) ラバーキーホルダーW 爆釣メジャー

849円(07/05 01:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

スマホアプリで撮影するとデジタルメジャーで計測してくれる形式です。

メジャーを持ち歩く必要が無いため、ある意味、もっともスマートと言える手法ですね。

ただ、物理的なメジャーと違って、その正確性はアプリ開発者にしかわからないところがありますので、公式な記録としてはやや弱い?というデメリットはあります。

バス釣り用メジャーの選び方

バス釣り用メジャーの選び方として、おかっぱり釣行がメインなのか、ボート釣行がメインなのかで選び方が変わってきます。

それぞれ、必要な要件を満たすメジャーを探しました。

オカッパリ

 

オカッパリの場合、もっとも優先すべきは「可搬性」ではないでしょうか。

 

1箇所で粘り続ける、いわゆる「ネバリスト」スタイルのアングラーなら話は変わってくるかもしれないですが、基本的にはオカッパリバッグ一つで長距離をラン&ガンするスタイルが主流だと思います。

その際、かさばらずにカバンにすっと入るメジャーが最適です。

 

個人的には、細い巻き取りタイプの物を使うことが多いです。非常にコンパクトですし、「口当て」があるタイプなら割と正確に計測することができます。

しかし弱点としては、魚体保護という観点から見るとイマイチなこと。それから、魚が暴れないようにすることは出来ない、ということです。

 

というわけで、魚体に配慮した、もう少し幅広タイプを探しています。

オカッパリおすすめメジャー:ボトムアップコンプリートメジャーシート

いろんな製品を物色した結果、BottomUP社からリリースされているボトムアップコンプリートメジャーシートがもっとも自分の要件を満たしているような気がしました。

幅広で魚体保護に優れており、くるくる巻き取り式で可搬性にも優れています。

また、アルミ製のしっかりとした口当てがあるので割と正確に測れそうですよね。

ボート

 

一方で、ボート釣行の場合には、個人的には「測りやすさ」が大切だと思っています。

そのために、魚体の保護性能、魚が暴れない性能、などの要件が必要です。

ただ、ボート釣行についても、朝の準備の際にはコンパクトにまとまっていた方が助かりますので、可搬性も無視できないですよね。

 

ライブウェルやハイデッキにステッカータイプのメジャーを貼り付けて、メジャーそのものを持っていかない、という手法もかなりアリです。

 

プランターメジャーを愛用

 

私は、ボート釣行の際は、いわゆる「プランターメジャー」を自作して使っていました。

これ、かなり秀逸でして、プランターの周囲の壁が魚体を抑えて暴れにくい上に、「口当て」の役割も果たしてくれて理にかなった形状です。

デメリットとしては、ランカーサイズですと計測不能となることぐらいです。(これで測れない魚は釣れたことが無いっす笑)

そして、畳めないので、運搬する際にちょっと邪魔臭いんですよね(笑)

 

そのため、ボート釣行用に折りたたみ式のメジャーを購入検討しています。

ボートおすすめメジャー:ダイワ ランカースケール

ダイワ(DAIWA) メジャー ランカースケール 031189

ダイワ(DAIWA) メジャー ランカースケール 031189

3,619円(07/05 01:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

ボート用の新しいメジャーについては、ちゃんと畳めて、プランタースケールより小さいダイワのランカースケールがもっともいい感じかなあ、と思っています。

プラスチックのトレータイプで正確に計測できますし、魚体への負担も少ない。

さらに、口当て部分がしっかりとしたプラスチックで形成されているのもポイント高いですね。

ただ、魚が暴れた際にストッパーのようなものが無いのがデメリットでして、その点を解消してくれるより良い製品、があればそちらがベストなのですが…

魚体保護を最優先したい

 

散々メジャーについて語っておきながら、最終的には魚体の保護を最優先したいところです。

つまり、ランカーサイズでなければ、無計測でリリースする勇気も持ちたいですよね。

とはいえ、やはり45クラスから上ぐらいになってくると、ついつい測りたくなってしまいますが…

極論をいえば、写真すら撮らないのがベストなので、何も言えないですし、矛盾にまみれた主張ですいません(汗

 

あとは、本当に大きな魚かどうかを知りたければ、どちらかといえば長さより重さ、という思いもあったりします。

まとめ

以上、バス釣りにおすすめのスケールについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ダイワ(DAIWA) メジャー ランカースケール 031189

ダイワ(DAIWA) メジャー ランカースケール 031189

3,619円(07/05 01:02時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です