だから面白い!バス釣りにおける数値化できない項目まとめ

スポンサードリンク

だからバス釣りは面白い!

バスフィッシングにおける、数値化できない項目をまとめました。

巻き心地

 

リールの性能において、超重要な項目である「巻き心地」。

しかしながら数値化が出来ない部分であります。

 

ヌメヌメ、ぬるぬる…ギアノイズが多い、少ない…などの抽象的なキーワードで語られる事の多い、巻き心地。

「シルキーな巻き心地」って一体なんだろう。ってそう思いませんか?

 

一般的に巻き心地が良い、と言われているリールの条件をまとめると…

・ギアノイズが少ない

・組付け精度が高く、ブレや振動が少ない

・回転感覚が滑らか

そんなところでしょうか。

個人的には高価なリールほど、巻き心地が良く感じます。(プラシーボもあるか!?)

巻きの重さ

ハイギアは巻きが重い。

これは周知の事実ですが、巻き心地と同じく、感覚的な部分でしか語られることのない項目のひとつです。

巻き抵抗

 

ルアーの「巻き抵抗」。

これも数値化するのが難しい項目です。マグナムクランクとか、ハンパない’巻き抵抗’ですよね。

感度

 

 

コンコーン!キンキン!グッ!モゾモゾ…

ロッドの感度も、数値化できない項目の代表格です。

 

それだけに、ブロガーさんやインプレサイトの評価がスゴク気になるところです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です