【バス釣り初心者向け】釣りに行く前夜に出来る事

スポンサードリンク

「釣れる釣り人」になるために、釣りに行く前夜に出来る事をまとめました。

釣果情報やフィールドインフォを入念に仕入れる

 

訪れるフィールドの各ボート屋さんのSNSやブログで釣果情報を入念にチェックします。

釣果や釣れているエリア、水温、水質、水位などをある程度把握しておきます。

バス釣りは情報戦なので、ひとつでもパズルのピースが多い方が有利になります。

特にどのエリアが良く釣れているのかと、水質が澄み/濁りなのかという2点は大事。この2つの要素で大きく戦略が変わってきます。

天気予報で「風」を知る

 

晴れ/雲/雨だけじゃなくて、風向きや風速をチェックしておきます。

見落としがちですが、当日の立ち回りに影響度が高い要素の一つです。

爆風予報なら風裏のエスケープエリアで釣りをする、とか、ウィンディーサイドの岬はこっちだからベイトフィッシュが溜まりそうだ、とかある程度立ち回りの予測を立てることが出来ます。

立ち回りをシミュレーションする

 

どんなエリアをどのように回るのか、釣果情報やフィールドコンディションをもとにシミュレーションします。

なんとなくこっち行く、というのを排除する為です。(やりがちなやつですww)

 

釣り具を整理する

 

上手な釣り人は例外なく整理整頓が上手です。

現場でガサゴソと探す時間を減らし、1キャストでも多く投げれるように釣り具を整理しておきます。(これも出来てない)

 

ボート釣行の場合のおススメの整理方法は、メインのボックス+サブボックスに分割する事です。

 

定番ですが、メイン=ドカットとサブ=プラノ1612。

よく使うやつだけサブボックス(プラノ1612)に収納しておき、デッキ前方に配置しています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です