JLラングラーのここが羨ましい。JKラングラー乗りから見たJLラングラー

スポンサードリンク

ジープラングラーが11年ぶりにフルモデルチェンジしました。

新型のJLラングラーのココが羨ましい!という点を、JKラングラーオーナーの視点から考察します。

 

2.0Lターボが羨ましい

JKラングラーオーナーから見てJLラングラーのもっとも羨ましい点は、流行りのダウンサイジングターボとも呼べる2.0リッターターボエンジンが搭載された点。

税制面でのメリットが大きいかと思います。(jkは3.6リッターV6一本立てで、自動車税の年額66,500円。これが地味にキツイw)

馬力では劣り、トルクではむしろ勝る2リッターターボ。

ただ、ベースグレード(スポーツ)が2リッター、上級グレード(サハラ)が従来の3.6リッターエンジンというところからも、3.6よりイイ!って事はないのかも。

回転のフィーリングが良ければ2リッターターボが良いですねえ。

8速AT

ギアも5速から8速へ多段化されました。

ただ、Jkの5速が出来が悪い、という事は決してないんです。ATの多段化が進む昨今、熟成の極みともいえる5速オートマは完成の域に達しており、思った通りに変速してくれて、なかなかスマート。

とはいえやはり旧態依然な装備である事は間違いないでしょう。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です