亀山釣行。表層やギルネストパターンで奮闘..したけど結局沈めて反応。

スポンサードリンク

亀山ダムへ行ってまいりました。

6月らしく、表層系や、ギルネストパターンの検証!

しかし、表層シーズン開幕かと思いきや、結局沈めたルアーで反応を得られました。

よりともボーツ

 

よりともボートさんから出船です。

 

よりとも橋と竹林w

コンディション

 

天候晴れ。水温23.7度。

気持のいい梅雨の晴れ間です。

釣果

 
マメ(30センチ330g)、マメⅡ(同じぐらい)でした。
 

表層をやる

 

とりあえず、表層シーズン開幕でしょう!

つうわけでバズや虫で表層を探りますが無。

予定では朝イチ表層ぼこぼこのつもりでした。いきなり出ばなくじかれますw

反応なし

 

どうにもアジャスト出来ず。

この時期に反応を得られないってガチで下手くそやな…へこみますわw

ダウンショットやイモもダメ

 

結局朝イチ逃し、いつもの通りスローダウンな展開。

ダウンショットやイモ放置などで一本を絞り出そうとしますが無。

バスたちは、キャスト動作で逃げ惑うかなりスプーキー状態。

アカン流れです。

沈虫

 

あまりにも反応がない…

ので、Twitterで軽く話題になっていた、忍虫のジグヘッド、通称「沈虫(シズミムシ?チンムシ?)」を試してみます。

 

すると、見慣れていないのかすぐに反応を得られました。(子バスです)

 

かなり反応は良く、何本か掛けたのですが、バラシも多発。

ジグヘッドは首振りジャンプされたときにバレやすい(汗

バルキーな忍虫のボディも、ばらしやすさを生んでいる一因?

 

課題はあるものの、タフったときの新しい兵器が出来ましたw

絶賛稼働中のギルネストハケーンww

 

ワンド内の砂地で稼働中のギルネスト発見。

ちょっと分かりにくいですが、円形になっているのがネストです。

それを狙うスクール

しかも、それを狙うまあまあサイズのバスのスクール。

役満です。

ギル系ルアー投げるも..

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • こんにちは、まるなかと申します。いつも拝見させていただいております(*^^*)
    最近バス釣りに復活した身なんですが、久しぶりにギルのネストを見させていただきテンションが上がりましたね!笑
    個人的にはネストのギルを怒らせて口を使わせ、ワームをネストの外まで運搬させたりすると、周りにいるバスのスイッチが入って食ってくるパターンが多いように感じました♪

    ワームは小型のものか、8インチ以上のロング系のワームがよく効いた覚えがあります。ビッグベイトで釣るのであれば、サスペンドかスローシンキングのものが良いなかぁと。フィールドが違うと攻略法も違うと思うのでなんとも言えませんが、機会があったら少し試してみてください♪
    今後も更新を楽しみにしております。

    • コメントありがとうございます★
      分かりにくい写真で恐縮ですが、そういっていただけると非常に嬉しいです♪
      なるほど~、ギルをいじることによってバスのスイッチを入れるのですね。
      ビッグベイトを気にして追い払うような仕草をしてきていたのですが、バスに対するアピールは不足しておりました(汗
      ギルさんごめんなさい、という感じですが、次回はバスのスイッチを入れられるようなやり方を見つけたいと思います(*’ω’*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です