コラボ戦国時代!?daiwaとゲーリーのコラボワームはゲーリーマテリアルであることが判明。

スポンサードリンク

「ダイワ×ゲーリーヤマモト」のワームが発売されるそうです。

やっぱりゲーリーマテリアルなの!?

タックルウェアハウスで販売がSTARTしているようなので、気になるその詳細をシェアします。

バス釣りコラボ戦国時代!?

昨年、DSTYLE×JACKALLの共同開発が発表。

超人気を誇る2大メーカーによるコラボは、バス釣り界における一大ムーブメントになりそうです。

そんなビッグネーム×ビッグネームが今年も発表されました。

projectT

「Project T 2017」はダイワ公式の動画シリーズで、ぱかぱかしないTWSや、スティーズA TWなどの新作リールを発表し、バス釣り業界をざわつかせてきた、DAIWAの広告塔です。

そのプロジェクトTにて、ダイワ×ゲーリーヤマモトのコラボが発表されました。

赤羽修弥氏

動画中には、ダイワのネコストレートを完全監修した赤羽修弥氏が登場。

USダイワのプロスタッフ達と、なにやらストレートワームをいじくっています。 

ゲーリーマテリアルを使用したネコストレートが発売。

 

出典:タックルウェアハウス

そしてついにゲーリーマテリアルを採用したネコストレート&ネコファットが発売されたようです。

米通販サイト、タックルウェアハウスにラインナップされていました。

商品説明文によると、やはりマテリアルはゲーリーマテリアルを使用しているようです。

以下、説明文の一部です。

 

ダイワヤマモトネコファットワームは、釣り業界のトップ企業の2社とのコラボレーションにより、釣り人に比類のないパフォーマンスをもたらします。

ダイワの精密ディテールヤマモトの伝説の柔らかいプラスティックを組み合わせた「ネコ・ファット・ワーム」

センコーに似た太いボディを持ち、独特の揺れ動く尻尾を備えています。

ノーシンカーやネコリグに最適。

高比重マテリアルによってベイトタックルでの使用も可能で、より深い水深も狙うことが可能です。

有名なヤマモトの色の範囲で利用可能なダイワ×ヤマモトネコファットワームは、伝説的なベイトです。

 

そそるなあ、この説明文w

…「ダイワの精密ディティールとヤマモトの伝説の柔らかいプラスティックの組み合わせ」って、釣れるに決まってる。

既に「伝説的なベイト」らしいですw

ネコストレート&ネコファット

ネコストレートと、ネコファットがリリースされています。

彼の地では、すでに販売が始まっている様子。

出典:tacklewarehouse.com

Daiwa x Yamamoto Neko Fat

10 Colors
New
 

Daiwa x Yamamoto Neko straight

 

リンクはタックルウェアハウスの販売ページに飛びます。

これは間違いないヤツw

日本で発売されたら即購入決定ですねw

商売上手です。

宮崎友輔氏FaceBookより

バスマスタークラシックなどで活躍するバスプロ宮崎友輔氏のfacebookにて、画像が公開されていました。(画像は氏のfacebookページからお借りしています)

パッケージはDAIWA風

 

パッケージはDAIWA風の黒いパッケージ。

そこからゲーリーマテリアルをまとった、ネコストレート…

たまんないっす。

門外不出?

ゲーリーマテリアルって、門外不出のレシピじゃないんですね。

DAIWAの精巧なワーム作りは、ゲーリーをも超えるんでしょうか。

その辺り気になります。

日本で発売は?

気になる日本での発売は、まだ未定だそうです。

販売されることを切に願います。

タックルウェアハウス公式動画

まとめ

マジで楽しみすぎるダイワ×ゲーリーヤマモト。

しかし商売上手だなあと思うわけです。

これは販売されたら、とりあえず1パック買ってしまいますよね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です