フィールドサイド サイコロラバー。不思議ちゃんだけどエグい釣れっぷり。[サイコロの目付き]自作もしてみた。

スポンサードリンク

今シーズン多くの魚をもたらしてくれた不思議ちゃん系ワーム、サイコロラバー。

奇天烈な見た目で、スレたバスに効きそうな感触。その釣れる秘訣を考察します。

フィールドサイド サイコロラバー インプレ

フィールドサイド サイコロラバー 12mm

 

フィールドサイド・サイコロラバー(12mm)のインプレです。不思議な台形をしたサイコロをモチーフとしたワームですね。ギャンブル要素というか、カイジを思い出すのは私だけではないでしょう…?

カテゴリーとしては「沈む虫」にカテゴライズしたくなる、スローシンキング仕様です。

これはおそらくですが、ラバーをハンドメイドでワームに刺しているため正直言うと結構単価がお高めです。他の「沈む虫系ワーム」でも良いんじゃないか..??と思ったこともありました。ですが、サイコロラバーだけにしかない食わせ能力があると感じています。

“ikahime”
へぼい釣り師である私にも多くの魚をもたらしてくれました。その秘密を語っていきたいと思います。

SPEC

 

8、10、12、14mmの計4種類のサイズから選べます。JB/NBCのFeco認定商品でもあるそう。今回は12mmをチョイス、重さは実測で約2g

JBプロアングラー田渕秀明氏がトーナメントで使う事を考慮し開発したガチのワームです。ファニーな見た目とは裏腹に本気度の高いヤツ。

キャストのしやすさを考慮し12mmをチョイスしてみました。

特徴

 

表面がざらざらしたワームボディ。ただの四角じゃなくて台形です。サイコロの3面すべてに4本ずつ、計12本ものラバーが挿入されています。

すごいのは「サイコロの目」がちゃんとくぼんでる事。写真だと伝わらないのが残念ですが…芸が細かすぎませんか??すごいです。

公式の説明で「一の目から刺して三の目から抜く」とあります。1番いい動きが簡単にセッティング可能。スモラバっぽい感じもしないでもないですね。

サイトフィッシングのお供として

サイトフィッシングで、「ミミズでも虫でも無い」時に使おうかと思って購入してみました。

いろんなリグにOK、という事でしたが、個人的にメインの使い方はノーシンカーでのふわふわが良さそうと感じます。フックはマス針チョンがけ推奨です。

虫っぽくチョウチンなどで使ってもよさげですね♪

タックルがキモ

 

サイコロラバーは自重が極めて軽いのでタックルセッティングがとても大切です。サイコロラバーで釣りまくりたいのであれば絶対に無視できない要素です。

参考までに私のタックルセッティングをご紹介しておきますね。

これが絶対必要です。むしろこれがないとサイコロラバーの釣りは成り立たないと言えますね。フロロ3lbとかだと全く飛距離が出ないため厳しいです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です