フィールドサイド サイコロラバー。ちゃんと目がある。自作もしてみた。

スポンサードリンク

不思議ちゃん系ワーム、サイコロラバーが着弾しました。

奇天烈な見た目で、スレたバスに効きそうな感触です。

サイコロラバー

8、10、12、14mmの計4種類のサイズから選べます。JB/NBCのFeco認定商品でもあるそう。

JBプロアングラー田渕秀明氏がトーナメントで使う事を考慮し開発した、ガチのワームです。

ファニーな見た目とは裏腹に、本気度の高いヤツ。

キャストのしやすさを考慮し、12mmをチョイスしてみました。

特徴

表面がざらざらしたワームボディ。

ただの四角じゃなくて、台形です。

サイコロの3面すべてに4本ずつ、計12本ものラバーが挿入されています。

 

うほおっ!ってなったのが、「サイコロの目」がちゃんとくぼんでる事。写真だと伝わらないのが残念ですが…

芸が細かすぎませんか??すごいです。

公式の説明で、一の目から刺して、三の目から抜くってあります。1番いい動きが、セッティングしやすい♪( ´▽`)

スモラバっぽい感じもしないでもないですね(^。^)

サイトフィッシングのお供として

サイトフィッシングで、「ミミズでも虫でも無い」時に使おうかと思って購入してみました。

いろんなリグにOK、という事でしたが、個人的にメインの使い方は、ノーシンカーでのふわふわが良さそうと感じます。フックはマス針チョンがけ推奨です。

虫っぽくチョウチンなどで使ってもよさげですね♪

自作もしてみた\

2個入りで、普通のワームと同じぐらいの価格。正直、ちょっとお高いと感じます。

(ラバーを差すのは、手作業だと思うのでしかたないとも思いますが…)

そこで製品をマネて、自分でも作ってみました。

捨てようかと思っていた廃棄ワームをサイコロ形状に切って、ラバースレッダーでシリコンラバーを通すだけです。

表面のザラザラ感などはうまく再現出来ませんが、サイコロラバーっぽい雰囲気は出たかと思います(*^^*)

この「マイコロラバー」で釣りたいなあ。

まとめ

以上、サイコロラバーについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です