ティムコ PDL ベイトフィネスジグEVO(エボ) 実釣インプレ。カバーに入れなくても釣れる。[相模湖で激ハマり]

スポンサードリンク

 

ベイトフィネスジグなのにパワーフィネスタックルで使っています(爆)。

バンタム267MLはそこそこ硬めのスピニングロッドなのでオフセットフックのフッキングも問題ありません。また、MHクラスのパワーフィネスロッドよりも圧倒的に汎用性が高いので、私流パワーフィネス(ライトパワーフィネス)はコレです。

リールがC3000番なのはシーバス用として購入したため。でもボディは2500番なのでバスにも使えますね。しかも最大ドラグ力が2500SHGに比べて強くパワーフィネスにはむしろ向いていたりします。

実用ドラグ力
  • 2500SHG = 2.5kg
  • C3000XG = 3.5kg

おすすめトレーラー

おすすめのトレーラーをご紹介しておきます。純正で付いてくるキロフック#1を交換せずにそのまま使えるトレーラーです。

OSP ドライブビーバー3インチ

 

間違いないやつ。ちょっと濁りが入っている時などはブンブンと大きな爪を振ってくれるドライブビーバーを選びます。エビミソブラックが鉄板カラーですね。

ゲーリーヤマモト モコリークロー

 

喰いが浅い時はモコリークロー。ゲーリーマテリアルは放置した時のバイト率、そして深く喰う確率がやっぱり一番高いですね。ただ壊れやすいので手返しはちょっと悪くなります。

nories エスケープチビツイン

 

最後にエスケープチビツイン。マテリアルが硬いので手返し重視の時にイイですね。その上実釣性能は上二つに全く引けを取らない仕上がりです。

ウィークポイント

 

まああんまり褒めちぎっても嘘くさいので一応ウィークポイントもお話ししておくと、オフセットフック仕様なのでショートバイトはすっぽ抜けることも割とあります

しっかりこちらから掛けて行かないとダメな時はある、という感じですね。マスばりのように絡め取ることはできません。でも結構しっかり食い込んでくれる事の方が多いので、あまり問題ないですね。

まとめ

以上、ベイトフィネスジグエボについてでした。マジで良いジグなのでぜひ使ってみてください。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です