ティムコ トラファルガー7は普通のi字系じゃない!感動の鬼ロールアクション。[実釣インプレ]

スポンサードリンク

ティムコ トラファルガー7のインプレです。

真っすぐ引くとi字系、ちょんちょんトゥイッチすると激しいロールアクション。

唯一無二のヤバいアクションするヤツでした。

ティムコ トラファルガー7 インプレ

ティムコ トラファルガー7
ティムコ(TIEMCO) ルアー トラファルガー7#20 ナマデルゼ

ティムコ(TIEMCO) ルアー トラファルガー7#20 ナマデルゼ

1,383円(08/04 13:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
size 70mm
weight 4g class
type Floating 
トラファルガー7の特徴
  • I字系+ロールアクションの2役
  • フラッシングを伴った激しいロールアクション
  • 移動距離を抑えたアピール
  • ワームを見切るバスに口を使わせる

ティムコ トラファルガー7のアクションがマジで凄かった件です。

感動するほどのルアーアクションってそんなに無いと思うのですが、ひさびさに震えました。

“ikahime”
このルアーでしか出せない動きがあると思います。

アイが2種類

 

トラファルガー7にはアイが2種類あります。前方のアイは普通にI字引きと、トゥイッチ時ロールアクションです。

“ikahime”
I字系でスーッとまっすぐ泳がせて、広く探りたい時に使います。

 

後方のアイは少し潜りつつ、より移動距離を抑えて鬼ロールしてくれるアイでした。

“ikahime”
表層に出切らない時に少し沈めたり、ネチネチと一点で誘いたい時はこっち。

後方アイで釣れたバス

 

こいつは後方アイのセッティングで釣れたバスです。バスの溜まっているエリアがやや限定的で極力移動距離を抑えて誘いたかったため、後方アイとしました。

バスが興味を持って近づいてきたので、竿先を微細にシェイクさせロールアクションしたら喰いました。

ロールアクションが物凄い

普通に引くとI字系ルアーですが、竿先をシェイクした際のロールアクションがマジでスゴイ。不思議なほど移動せず、強烈なフラッシングを発揮してくれます。これはホントにヤバいアクションです。(語彙力)

普通のI字系ルアーで出来る事は以下です。

  • 巻きスピード変更
  • トゥイッチ
  • 止める
  • オモリ付けてレンジ変更
  • 放置プレイ

ここにさらに強烈ロールという武器が+αされ、通常のI字系に出来ない多彩な誘いが可能です。

  • 強烈なロールアクション
  • I字引きからのロール

これはマジで唯一無二のアクション。うわ、すげえ何コレ。って現場でうなりました。 

“ikahime”
I字にチェイス!からの..ロールアクション!!!という必殺技が繰り出せますね。

フラッシングする感じのカラーがおススメ

好みのカラーが売ってなくて白いやつ(パールシラウオ)を買ったのですが、やっぱりワカサギ系のカラーでしょ!という事であとからオーロラフラッシュワカサギを買い足しました。

ワカサギ系の方がフラッシングの効果がより向上するような気がしておすすめです。パールシラウオはちょいと濁ったときなどに出番です。

ファイバーテールがほっとけOK

 

テールにはTMCモルフォファイバーと呼ばれる特殊な繊維を装備。

「TMCモルフォファイバー」は世界一美しい蝶、モルフォ蝶の発色原理を応用して作られた特殊繊維。屈折率の違う成分が幾十にも織り成して形成されているこの繊維は、光が当たると淡い自然な輝きを放ち、バスに最後まで見切られることなくバイトに持ち込みます

水面で放置するだけでも、このモルフォファイバーがわさわさと揺れることでアピールしてくれます。

“ikahime”
放置するだけでバスが下から湧いてくるよ。

状況によってはワームに釣り勝つ

トラファルガー7の出しどころ
  • バスが上を見ている
  • ワームに興味を示さない
  • スローでナーバス

そんなタイミングで投入したいルアーですね。

激しいロールアクションでバスの捕食スイッチを入れることが出来ますし、シチュエーションによってはワームに釣り勝つことも可能なハードルアーだと感じました。

【推奨タックル】

 
ティムコ 公式の推奨タックルは以下。
 

ロッド:6’2″~7’2″程度のL~MLアクションのロッド
ライン:4~5lb.ライン・0.3~0.6号程度のPEライン
※PEラインにフロロの4~5lb.のリーダーを1m程度装着するのがベストなセッティングです。

それを踏まえて私のタックルは、

トラファルガー7のタックル

こんなタックルで投げています。4gクラスと自重が軽いルアーなのでPEラインで飛距離を稼ぐとグッと扱いやすくなりますね。また、表層系のルアーなので比重の低い(浮きやすい)PEラインとの相性も良いです。

デメリット

キスバイトには弱い

 

デメリットとしては、テールフックが無いためついばむ様なキスバイトについては取りこぼしてしまう可能性があると言うことです。

しかし、お腹をめがけてがっつり「本気喰い」してくるケースが多いのでさほど気にならない様に思います。

ロールアクションは少しコツが要る

それから、綺麗にロールさせるには少しコツが要る様に思いました。UL〜Lクラスの柔らかめのロッドで竿先を微細にシェイクさせると出ます。あまり強く動かし過ぎると良いアクションが出ないので注意が必要です。

まとめ

以上、ティムコ トラファルガー7の鬼ロールアクションがハンパないって件でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ティムコ(TIEMCO) ルアー トラファルガー7#20 ナマデルゼ

ティムコ(TIEMCO) ルアー トラファルガー7#20 ナマデルゼ

1,383円(08/04 13:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です